【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌用の大豆を楽天で購入。

その時のブログ記事→☆



この大豆で味噌を仕込んだのですが、料理用に2キロほど余らせてあるので

時々、煮ては冷凍ストックなどにして常にすぐに食べられるようにしています。


安い肉の危険性(成長促進ホルモンの残留など)が気になるけど

そういう意味で安全なお肉って本当に高い!ので、

お肉を食べる頻度や量をやや減らして魚や豆でたんぱく質を摂取するようにしています。

メタボ予防にも効果ある筈!!


今回、ずっと気になっていた納豆作りに初挑戦!!

とーーーっても簡単&大成功でした!!


茹であがった大豆に、納豆菌液をまぶして、タッパーに詰めて、24時間保温するだけ。

↑今コレが終わったところです。大成功だったので嬉しくて、勢いで記事にしています。


この後2日くらい冷蔵庫で熟成させると完璧らしいけど、今すでに充分納豆です。


納豆菌液は、市販のこういうキットや種菌もありますが・・・・






大匙1くらいの納豆に、大匙3くらいの熱湯を注ぎ、ぐるぐるしてねばーーっとした液を作れば、

これが納豆菌液となります。

熱湯を使うのがコツのようで、これで腐敗の元となる雑菌を殺し、熱に強い納豆菌を活性化させるそうです。

私は横着して大豆の煮汁を使ってしまいました(煮上がったばかりで熱々だったので)。

この納豆菌液を、煮上がった大豆(湯きりをしっかり目に)に和えます。

(元の納豆は入れても入れなくてもオッケー←私は食べちゃいました)



煮大豆も熱々を使う事で、雑菌が死にます。

この時点で水っぽいようであれば、納豆菌が繁殖しづらくなるので液を切っておきます。

清潔なタッパーやバットに、納豆菌まみれ大豆を敷きます。

納豆菌は好気性菌(空気が好きな菌)なので、

空気が行き渡りやすいように薄く、ふわっと、敷きます。

(なので市販の納豆はどれも平たいのですね~~)

紙コップで作れば、カップタイプの納豆風?!


軽く蓋をしますが、ここでも空気を遮断しないように隙間を開けたり

ラップなら穴を開けるなどの工夫をすること。

また、蒸気が結露した水がポタッと垂れるとそこだけ納豆菌が繁殖できず失敗するので

蓋の下にキッチンペーパーなどをかませておく。


60℃を24時間キープし、発酵させる。

今回は100均の保冷バッグに、ペットボトルに70℃くらいの湯を入れた物3本を入れて、

全体を毛布で包みました。

■注■お湯が熱すぎるとペットボトルが変形し、湯が溢れるなどで火傷するので気をつけてください。

炭酸などのしっかりしたペットボトルを使うこと。


夜に仕込み完了。

朝にはすでに大豆表面・全体に白い膜が。



匂いもザ・納豆。

湯は45度くらいか、保温バッグ全体がほかほかしていて、しっかり保温キープしていました。

(6月なのでやりやすいですね。冬ならコタツや湯たんぽなどが必要になりそう)

朝にまたペットボトルの湯を70℃にし、出勤。

仕込み開始から24時間後、菌糸がますます濃くなり、一部だが豆の表面に皺が寄っている。



強めのアンモニア臭がしてきており、朝のほうが納豆臭に近かったと思うが、

この後2日間冷蔵庫で熟成させる間にアンモニア臭は落ち着くとの事。

まだ熟成前ですが、味も糸引きも、ザザザ•納豆です!!




使用したのは5キロ2980円の大豆。

この納豆がいくらで作れるかを種納豆・光熱費は考慮せずで、計算したところ、

1パック(一般的な45gで計算)≒約10円 でした!!


納豆は買っても安いけど、作るのがとっても面白かったので大豆を煮る度に納豆も作る事になりそうです☆☆

麹(5日くらい?)や味噌(半年~1年?)と違って、1日(+熟成2日)で成功かが分かるのもイイ!!


手作り納豆是非お試しくださいね。

お読みいただきありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ






近所にある自然食品店に行く度に購入するあんパンがあります。

恒食 玄米パン 約400円
玄米パン

コンビニの肉マンと同じ位の小ぶりサイズのあんパンが4個入っています。

自然食品店のものって全てがかなり高いですが、これは許容範囲です。

勿論、無添加です。

パン生地部分は良くも悪くもボソボソしていて、甘くなく、素朴なお味。

水で濡らした手で表面を撫で水分を与えてから軽くレンジでチンしてホカホカを食べます。

餡の甘さは控えめ、柔らかい餡なのでパン生地部分ととてもマッチします\^^/。

朝ごはんに重宝します。


ちょっと不思議な事があって、、、。

この玄米パンは、あん入り と あん無し の2種類あるのですが、

どちらも同じお値段~~!!

?_?。

玄米パン生地の材料費って餡よりは安そうだけど、

無添加で作ろうとすると同じくらいコストが掛かるのかな??

餡も無添加だし良さそうな材料使ってると思うんだけどなーー。

あんこ好きなわたしは専らあん入りばかり買ってお得気分になっています。



この自然食品店、年明けには福袋を売っていました。

福袋外


若い頃は初売りで洋服の福袋などここぞとばかりに買っていましたが、

結局気に入るアイテムは滅多に入ってないパターンだという事を悟り、

ここ数年は買うなら食品やタオルなどの消耗品の福袋だけと決めています。

福袋は千円と二千円の二種類。

袋の上から触ってみたところ、二千円のものは瓶が沢山入っていて、

良いお醤油や油なんかが入っていそうな予感\^^/。

でも、重くて徒歩には辛そうTT~~!!


で、千円のほうにしました。

中身は→→→ドキドキ→→→


福袋中身

こんな感じでした\^^/。玉ねぎが1個だけ入っていて可愛いです。

お茶のペットボトルは重さ出し用の臭いがプンプンしますが、

食品ということもあり、どれも大いに使えます!!

勿論、全て無添加のものです。とっても満足しました。

なので数日後に重いのを覚悟で二千円の方の福袋も買いに行ったところ、

完売で買えませんでしたTT~~。

来年は買えますよーーに\^^/。



恒食 玄米パン あん入り 4個入【0...

恒食 玄米パン あん入り 4個入【0...
価格:399円(税込、送料別)


【玄米パンは楽天市場上の自然食品店でも買えるようです】




前回からの続きです→【えのき氷】を作ってみる

これを料理に使ってみました。

①カレーのルーにイン
量はルー5皿分に対し、生のえのきに換算して一袋の1/3程度を
凍ったまま割って、仕上げに投入。

カレーライス1皿につき、生のえのき(中袋)換算で1/15袋程度が摂れる・・・。
ほんの少しですね^^;。

でもえのき氷に加工したことで吸収しやすい形態になっている筈なので、
少量でも普通に食べる以上の良い効果があると信じたいです。
(だってろくに噛まずに丸呑みするとそのまま出てきたりしますしね!!爆)

カレーのルーは無添加の優しい味のものを使用していますが、
各種スパイスに隠れてえのきの味や香りは全く感じませんでした。
ほんの少し、えのき氷由来のトロミがルーに付いた感じがしました。

②カボチャのスープにイン
お椀4杯程度のカボチャのスープに対し、生のえのきに換算して一袋の1/4程度を
凍ったまま割って、仕上げに投入。

スープ1杯につき、生のえのき(中袋)換算で1/16袋程度が摂れる・・・。
こちらもほんの少しですね^^;。

このスープはカボチャ・玉葱を茹で、柔らかくなったら牛乳・スープの素(←無添加)を入れ
ミキサーでガーーとペースト状にするもの。
人参の切れ端を入れることもあります(カボチャの味に隠れるので人参嫌いの家族にも◎)。
ミキサーにかけるタイミングでえのき氷を投入しました。

このスープは朝食に最適でよく作ります♪パンによく合います。

カレーに比べて味・香りが弱いものなので、
えのき氷の臭いが邪魔にならないか心配でしたが、
この程度の量だとやはり全く感じませんでした。

えのき氷は溶けると卸したトロロのような粘りを持ち、白く濁っているので
日々の料理にさりげなくしのばせたい場合でも
食感・見た目の邪魔にならなければ幅広く使えそうだと思いました。

前回は実家にてミキサーを使って作りましたが、
自宅にはハンディブレンダーのバーミックスしかないので、
滑らかにできるか心配ですが、近日また挑戦してみます。

お読みいただきありがとうございました☆








テレビで【えのき氷】という物が紹介されていました。

えのき氷とは、えのきをミキサーにかけたものを煮詰め凍らせたもの。

ミキサーにかけ、煮詰め、凍らせる工程で、

きのこの良い成分が摂取しやすい形になるとのこと。

これをお味噌汁、鍋のスープ、カレーなど、何にでも入れて出汁として使うそうです。


便秘、アレルギー症状の軽減、癌予防などにきのこが良いというのは有名ですが、

身体に取り込みやすいように自分で加工できるというのはとっても魅力的♪♪

テレビでは一般の家庭で作って食べている様子が紹介されていました。

小学生の女の子がえのき氷入りお味噌汁を【えのきの味がして美味しい】と

好んでいるようだったので、挑戦してみることに。

レシピ・作り方は下記HPを参照しました。

JA長野 えのき氷のつくりかた


材料:エノキタケ 300グラム(2袋分)
   水 400ミリリットル

① えのきを適当にざくざく切り、水とともに滑らかになるまでミキサーにかける

写真えのき5

② 弱火で1時間煮詰める(ストーブのとろ火が丁度良かったです)

写真えのき4
↓1時間後
写真えのき3

③ 冷ました後、製氷皿 又は ジッパー袋などで凍らせる

写真えのき1
(割りやすいように半分凍ったところで筋を付けましたが、
どろ~~っとして筋は消えてしまいました、、)

鍋に残ったえのき氷の素に、鍋を洗いがてら水を加えお味噌汁にして飲んでみましたが、

ごぼうを入れていたので香りが消されてえのきの香りがよく分からなかったです^^;。

邪魔になる香りではない事は分かりました。

今後、いろんな使い道で試してみたいと思います。


今回は実家帰省中に作ったのでストーブ・ミキサーがあり丁度良かったのですが、

自宅ではミキサーが無くハンディタイプのバーミックスで作ることになります。

バーミックスで上手くドロドロにできるかどうか、改めてトライしてみます。





ネットでポチポチと色々手配するのが大好きなアキキです。

最近、購入してよかったものを紹介します。

DSC00691.jpg

画像左;カフェ プリムラさんの【豆乳おからクッキー】


職場にお中元という名目で、恐らく宣伝・・試食品っぽく大量のおからクッキーが届いていました。

試してみてとても美味しかったので購入しようとしたのですが、
無地の個包装だったので社名などが分からなくなってしまいました。。

そこで、楽天市場で【おからクッキー】で検索、色々なメーカーから出ているようで、
成分や食感、味(紅茶味とかメープル味とか)、蒟蒻成分入り・・など少しずつ違いました。


選びかねたので、先ずは一番人気っぽいカフェ プリムラさんのおからクッキーをポチっと注文。
(最近やっと、延々と選ぶ時間って勿体無いな~と悟り、適度なところで決めるようにしました)

届いたものは一枚一枚が分厚くて(1cm位?)、
会社に来ていたお中元のメーカーの物(5ミリ程度)とは違う事が一目瞭然^^;;。

お味は・・・・

先ずはプレーン味を試しました。香ばしい素朴な香り。きな粉のような。
カリッと半分、口に含むと、

モサモサモサモサ~!!

とほぐれながら膨らみ、息苦しくなりました。

説明書きをよく読むと、【多目の水分と一緒に食べるように。
喉に詰まるので、小さい御子様・お年寄りには注意!!】と、
蒟蒻畑のような注意喚起がされていました><。


朝ごはんは普段、細々と残り物などを食べていますが、出勤前だと時間上沢山食べられず、
昼前にお腹が空いてたまらない事がしょっちゅうあるので(毎日かも)、
朝食のデザートがてら食べてみようと思います。

甘さも控え目で、無添加ということもあり、
膨らむ食感を除けば幼児向けのお菓子のような自然な味です。

それにしても、お中元で来たおからクッキーはどこのメーカーのだったのでしょう??
そちらは、かなり堅く、パリンッ・ポキンッ・カリカリポリポリ・・・という質感。
味は堅い食感を除けば普通のバタークッキーのようで、ケーキ屋さんの傍らで扱っているような雰囲気。
おからの風味・膨らむ感じはありませんでしたが、歯ごたえが美味しかったです。

【おからクッキー】として効果を求めるのであれば、このプリムラさんの物はとても良いと思います。

お腹の中で膨らむので、食事と置き換えてダイエットの補助としたり、
食物繊維がたっぷり摂れるとのことです。


画像右;きらら さんの【ルイボスティー】

最近、オシャレで可愛く良いヤツな友人宅×2に行ったところ、どちらもルイボスティーを用意してくれており、
これは私もルイボスティーを!!!っと慌てて?ポチッとしてみました。

ティーバック式なので、薬缶に3つ入れて数分沸かし、
熱いままや、常温のものをタンブラーに入れて会社に持参しています。

ノンカフェイン、ミネラルが豊富、産地である南アフリカの強い日差しから自分を守る為のポリフェノールが
豊富で、活性酸素を除去する効果がある・・・・など、ネットで少し調べただけでも様々な効果があるようでした。

季節の変わり目に体調が落ちすぎて、ルイボスティーの効果はまだ分かりませんが;_;、
ドクダミ茶と日替わりで、しばらく続けてみようと思っています\^^/。

お読みいただきありがとうございました!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。