【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅から1時間圏内にあるアウトレットモール(グランベリーモール/南町田)に行ってきました。

年に一度くらい行くアウトレットモールは他に2箇所あって、

入っているお店は大体どこも似たり寄ったりなのですが、

ここ南町田のモールには、なんと【ベルメゾン】のアウトレットショップがあります。

ベルメゾン、マメ子のベビー服や、私の授乳服、シーツやカバーなどの寝具類、などでよく利用します。

よくセールもするし、お安い。

そこのアウトレットって一体どんな物がどれだけ安いのか??と気になって行ってみました。

お店の雰囲気、商品が乱雑に山積みになっているのを勝手にイメージしていたのですが、

綺麗な雑貨屋さんといった雰囲気で、おしゃれでゆとりのある陳列でした。

(多くのお品を扱うベルメゾンのショップとしては、アウトレットとしても、想像より商品数が少なかったです)

子供服や婦人服はあまり気に入る物がありませんでしたが、どれも5~8割引で安かったです。

ダウンコート3千円、しっかりとしたつくりの子供の靴千円等。

COACH様で定価10万円のダウンコートを見かけた後だったので、和むお値段です。


ここで運命の出会い。


ひと目見るなり、即買ってしまったのが、【ねこ】。

ペットの猫じゃなくて。

ねこ、という防寒着の事です。




ずっと前に何かで知って気になっていたのを、ここで見つけて思い出しました。

ふかっとした背あて布に背負う肩紐が付いていて、

エプロンを後ろ前に着けているような感じで着用する防寒着です。

背中だけの半纏のような。



<猫>を背負っているかのような暖かさ、

これを羽織って作業をする背中が<猫>みたいだから、など、やはり語源はCATの猫のようです。


大好きなブラックウォッチ柄を即GET。

定価約4千円(うろ覚え)が、約1200円で購入できました。




今日の買い物は、これだけ。

他のショップでも仕事用に服が色々欲しかったけど、レジが長蛇の列だったりして、諦めてしまいました。

帰宅してからも特に後悔しなかったので、やはり買わなくて良かったと思いました。


帰宅して【ねこ】を早速着用。


すると、とーーっても暖かい。


以前に折角買った半纏、厚着をすると腕周りなどがモコモコするのが嫌で、

マメ子が生まれてからはとても着れず、しまい込んだままになっていたのですが。


【ねこ】は袖がないから身軽なのに、袖があるかのように暖かいです。

少し立体的なつくりになっているのか、お尻の部分が勝手にフィットしてきます。

着ている感じが全くしないのに、この暖かさ、すごいです。


今もベルメゾンで扱っているようですし、

楽天にもあるようですが



今日、アウトレットショップでGETした形が一番可愛いみたいv^^v。

ハンドメイドもできるようですが、中綿は化繊綿でなく、保温性の高い綿の真綿が向いているようです。

綿100%★キルトワタ

綿100%★キルトワタ
価格:540円(税込、送料別)



手芸ナカムラでも扱っているようです。

でもうちには化繊のキルト綿(マット用?)が沢山あるのでそれを使いたく・・・

(↑これも手芸ナカムラでGET)

首元なんかが伸びてみすぼらしくなったヒートテックの身頃なんかを中に入れたら暖かいかな?

と、エコ(セコ)アイデアがひらめきました。

外側の布はフィット感をよくするため、少し重みのあるコーデュロイやネルがいいのかな?とも思いました。


<ねこ>、短めに作って、通勤などにもコートの下に着ていきたい・・

でもコートを脱いだとき、見られたら恥ずかしい?

恥ずかしくないように、ねこブーム、こないかしら。。。

<ねこ>の発祥地、信州南木曽では、皆さん着ているそうです。


<ねこ>に似た防寒着、外国にもあるのかしら?!

寒い地方の外国人にプレゼントしたらびっくり&喜ばれそうです。






スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/95-88f84626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。