【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらし生地のことを記事にしているからか、沐浴布で検索して当ブログに来てくださるかたが割と多いようです。

沐浴布 ――>新生児をベビーバスに入れる時に、赤ちゃんがお湯でびっくりしないように、
また、お湯から出ている肩などが冷えないようにする為に赤ちゃんを包む大判ガーゼの事。
赤ちゃんをこれで包んで沐浴します。

もう我が子マメ子は2歳近いので備忘録がてらですが、
妊娠中、私も出産準備品リストを忠実に守って購入してました。
でもいざ産まれて数日のマメ子をこの沐浴布で包んでお湯に入れると、
ふわぁっとはだけてびらんびらんして、こちらはアタフタ、マメ子は大泣きするし、
無いほうがマシ?!とも思えるくらい、存在意義が怪しい存在。
でも真冬産まれの赤ん坊だったので、一応使っていました。

出産から退院して数日後、赤ん坊に会いに来てくれた義母がそんな入浴シーンを見て、
着せてる短肌着のまま沐浴すればいいのよー!と教えてくれました。
赤ん坊は自分の手足がお湯にふわぁぁっとなるのが気持ち悪くて泣くのだと。
早速試したところ、短肌着のままであれば袖がある程度負荷になり、
腕を身体の近くに保つ事ができました。
するとマメ子は嘘みたいに泣き止み、気持ち良さそうに沐浴ができました。
それまでは狭いお腹の中でキュッとなっていたので、
ベビーバスに放たれるのは相当な新感覚だったんだろうなぁ。

沐浴布には短肌着、これまでに頂戴した義母からのアドバイスの中でタメになったナンバーワンです^^;。

沐浴布を準備予定のかた、参考にして頂ければ幸いです☆
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/87-a49f9b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。