【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布オムツ育児、断念しない自信があったけど、マメ子1歳半にして、かなり下火・・・。

保育園では紙おむつがマストだから仕方ないとして・・・。

だからこそ、家にいる時は余計に布おむつにしたかったのですが・・・。


1歳過ぎてからは特に、私のガッツが足りないとかではなくて、

子供がくねくねバタバタ逃げ惑い布おむつ&カバーがバサンバサンなって、物理的にできない。

布オムツを断念する壁って皆さんこれみたいですね。

マメ子がゼロちゃんの頃は、布オムツの洗濯は思ったより楽だし子供も快適そう、

挑戦しようと思えた人が、何で断念しちゃうんだろ~私は断念しない自信があるわ!

って思っていましたが、やってみないとわからないものですね。すみません><。


でも完全な断念は悔しい・・揃えた布おむつも勿体ないしで、

熟睡中に変える時や、お風呂までの短時間、など、細々とやっておりました。


夏の紙おむつは、特別仕様で通気性2倍!など謳われているメーカーのものもありましたが、

それでもやっぱりサイドの部分などは暑そうで可哀想に思っていたところ、

母、ふんどしデビュー。快適~快適~~。



布おむつをリメイクして、母のふんどしにしちゃおうかしらなんて思いついたと同時に

アレ、マメ子もふんどしでイケるのでは?って思いついて、紐で固定して挑戦。

すると・・・



とっても快適そう、サイドは無し、涼しくて、脚もよく動く!

なんでもっと早くやってあげなかったんだろう!

夏はまだ続く、今気付いてよかった!と思いました。

防水機能がないので、家の中限定にはなりますが(寝んねの時はバスタオル必須)。


外国の絵本で腰の横をピンで留めているのをよく見かけます。同じことですね。



専用のピンがあるのかな?家にあるピンでは短くてできませんでしたが、

紐(母のふんどしにも使った布テープ)で充分。

生成りテープ(1.5cm)

生成りテープ(1.5cm)
価格:324円(税込、送料別)



しかも腰周りに紐を一度結んでおけば、後は立ったままでも濡れたおむつをサッと抜けるし、サッと掛けられる。

紙おむつが最近M→Lサイズになって、1パックあたりの枚数が2/3になったので、節約にも効果大だし!

興味あるかた、構えずにいかがですか~。


この絵本<うんちがぽとん>はイスラエル原作。

このおまる(チャンバーポット)、布ナプキンの浸け置き用にもという事で楽天でも売られていますね。

イスラエルでは、このかたちのおまるが一般的なんでしょうか?気になります。



スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/80-9b2a20d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。