【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前々回、女性用ふんどしを作った件を記事にしました→女性用ふんどし?!

作ったふんどしを試してみたところ、イイ!

ウエストをゴムで締めないのが楽なのはもちろん、

お尻のほっぺのところに圧がかからないのってこんなに快適なんだとビックリしました。

一瞬でとりこです。

まあ、締め付けないとか、冷やさないとか、かぶれないとか(ゴムを使わないので)、

いいことだらけなので、使い心地が良いのは想定内でした。

でも家の中だけでなく仕事などの時も使いたいと思ったら、やはりこの形はチョットかなと。

実は快適すぎて、チョットと思いながらももう仕事の日も着用していったんですけどね。

お手洗いの時はペローンと後ろが長くなるので、万が一にもこの姿を見られてはならぬ!!と、落ち着かなかったですね。


なので、紐パンチーに形が近い、【もっこふんどし】というものを新たに作りました!

家用のものも前回作った2枚では足りないので、試作がてらまた生成りの晒生地を使いました。

この生成り晒生地で作ると、ほんとうにババくさいので家用専用になりますが・・・

柔らかくて肌触りが最高なので良いんです。

今回の腰紐は、布ナプキンのホルダーに使う為に沢山ストックしてある綿テープ。

綿平テープ生成り(1.5cm)

綿平テープ生成り(1.5cm)
価格:324円(税込、送料別)



私が持っているのは↑これではないですが、多分これに近い物。

作り方は、カットした晒の両端を三つ折→アイロン→ミシンがけ→テープを通すだけなので・・・

両脇が予め処理されている生成りの晒生地とこのテープを使ったら、ものの5分で作れました!



※モデルは専用の靴下で作ったお猿、ソックモンキーです☆





↑次回は外出用に、こういった手ぬぐいを使って可愛いもっこふんどしを作りたいと思います。

布生地は沢山持っているのですが、両脇の処理を省けるので手ぬぐいを買ってしまいそう。


女性用ふんどしは、別名【パンドルショーツ】とも言うようです。

パンドルショーツと呼んだほうが、抵抗感が少ないかもしれませんね。


ところで、前回作ったものは、【越中ふんどし】型。

本体を背中へ、紐をお腹にもってきて蝶々結び、

背中からたら~んと下がった本体を股から前に持ってきて、

腰紐に通し、余った部分をお腹の前に垂らすというもの。

適当に作ったので本体の仕上がり長さが78cmになったのですが、

それだと腰前で折り返して垂らす部分が10cm程度にしかならず、

あっぱっぱー的なパジャマの時だと押さえるものがなく安定感が悪かったので、

越中ふんどし型を作るときは次回からは折り返しが股の辺りまでくるように、

長さを90cm前後にしようと思っています。

その上からぴったり目のズボンを履くときは、折り返しが短くても安定すると思います。


ネットで女性用ふんどしと検索すると、ショップやブログが沢山HITしました。

すっかり乗り遅れていたようです^^;;。



お読みいただきありがとうございました☆






スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/79-17904a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。