【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年10月に仕込んだ手前味噌を3月頭に天地返し。

その時に取り分けておいた分の味噌が食べ終えて&お裾分けして無くなってしまったので、

本日5月14日、また取り分けました。



やはり前回より気温が高い中で時間が経ったので、

色が進んで肌色から綺麗な黄金色になっていました。


私は浅い味噌が好きなのでこれ以上色が進まないように、

今回は冷蔵庫に入れられるだけ多めに取り分けました。

手前味噌が切れてしまっていた冬の間は自然食品店などで購入した味噌を

食べていたのでその時の容器も取っておいて、活用します。


本当に手前味噌なのですが、買った味噌よりも

自分で仕込んだ味噌の方が不思議なくらい、断然美味しいです。。

旨み、風味、コク、どれも比べ物にならないほど、力強い味噌です。

米麹から仕込んで、生の状態で味噌に仕込むからだと思うのですが。。


夏を越して色が進んだ味噌も、別の美味しさが生まれます。

褐色まで熟成させた味噌は、料理の味付け・色づけにも活躍!

鯖の味噌煮や麻婆豆腐に美味しそうな色目を付けてくれます。

味噌が育っていく過程を見守るのもとても楽しいです。


天地返しや味噌を取り分ける度に、カビ防止の為に味噌の表面や、

ラップで蓋をした脇の隙間に塩をパラパラと振っておくのですが、

その表面を混ぜ込むと、回を重ねるごとに味噌の塩分濃度が高くなってしまいますよね。

なので今回は味噌を仕込むときに後から振る塩の分を差し引いて、

12キロの仕込み量に対して50gほど少なくしました。

塩分13%の予定よりも、約0.4%低い塩分で熟成をスタートさせたことになります。

これはカビの生えにくい寒さに向かう秋に仕込んだからやってみたのですが、

暑さに向かう季節に仕込む場合は、塩分を下げすぎないほうが無難だと思います。



ちょうど使い切った味噌の容器を洗わずに手前味噌を入れてみたら、、

いい具合にムラになって、時々合わせ味噌を楽しめる感じに?!


こんなズボラな私ですが、、手前味噌作りは一生続けたいです☆


お読みいただきありがとうございました!!







スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/73-c4591ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。