【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回からの続きです→【えのき氷】を作ってみる

これを料理に使ってみました。

①カレーのルーにイン
量はルー5皿分に対し、生のえのきに換算して一袋の1/3程度を
凍ったまま割って、仕上げに投入。

カレーライス1皿につき、生のえのき(中袋)換算で1/15袋程度が摂れる・・・。
ほんの少しですね^^;。

でもえのき氷に加工したことで吸収しやすい形態になっている筈なので、
少量でも普通に食べる以上の良い効果があると信じたいです。
(だってろくに噛まずに丸呑みするとそのまま出てきたりしますしね!!爆)

カレーのルーは無添加の優しい味のものを使用していますが、
各種スパイスに隠れてえのきの味や香りは全く感じませんでした。
ほんの少し、えのき氷由来のトロミがルーに付いた感じがしました。

②カボチャのスープにイン
お椀4杯程度のカボチャのスープに対し、生のえのきに換算して一袋の1/4程度を
凍ったまま割って、仕上げに投入。

スープ1杯につき、生のえのき(中袋)換算で1/16袋程度が摂れる・・・。
こちらもほんの少しですね^^;。

このスープはカボチャ・玉葱を茹で、柔らかくなったら牛乳・スープの素(←無添加)を入れ
ミキサーでガーーとペースト状にするもの。
人参の切れ端を入れることもあります(カボチャの味に隠れるので人参嫌いの家族にも◎)。
ミキサーにかけるタイミングでえのき氷を投入しました。

このスープは朝食に最適でよく作ります♪パンによく合います。

カレーに比べて味・香りが弱いものなので、
えのき氷の臭いが邪魔にならないか心配でしたが、
この程度の量だとやはり全く感じませんでした。

えのき氷は溶けると卸したトロロのような粘りを持ち、白く濁っているので
日々の料理にさりげなくしのばせたい場合でも
食感・見た目の邪魔にならなければ幅広く使えそうだと思いました。

前回は実家にてミキサーを使って作りましたが、
自宅にはハンディブレンダーのバーミックスしかないので、
滑らかにできるか心配ですが、近日また挑戦してみます。

お読みいただきありがとうございました☆







スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/46-ad87cb6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。