【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の1~2月には米麹作りにハマっていました。

(サワリだけ記事にしています→米麹の仕込み

続きは・・次の米麹仕込みシーズンまでには必ずUPします(´д`)!!


今回は、蒸し布の話。

お米を浸漬後、水切りしてから蒸すのですが、網状の蒸し布を買って使ってみたところ、
網の目にお米が絡みついて、洗うのにとても苦労しました。
仕込み終えた米麹はスカスカしているのでより網目に入り込み、取れ辛かったのです。

米を蒸した後には種麹をまぶし、蒸し布に包んだまま保湿しつつ保温の工程に進むので、
網の蒸し布だとすぐに乾燥してしまい、イマイチでした。
(ちょっと臭い麹になってしまい、味噌に加工する勇気が出ず、塩麹にしてしまいました)


そこで、晒(さらし)をネットで探してみました。
→あった!!ヤフーオークションにて発見!!
和泉晒
≪画像いただいてしまいましたm_m宣伝するのでご容赦を~≫


出品者はプロの晒屋さんです。
晒にも色々あるようで、【和泉晒(いずみさらし)】という晒のようです。
≪和泉晒は化学糊(PVA)を一切使用しない安全性を重視した晒です≫と説明されていて、
これに決めました!!

晒し済みで真っ白な晒布と、未晒し(未漂白)で生成り色の物とどちらにするか迷い、
蒸し布にはどちらが向いているか事前に質問したところ、
未晒しのほうが繊維が傷んでおらず生地が強いので、より向いているとの回答。

説明から質の良さが感じ取れ、期待が高まりました。

届いた晒しはさずが未漂白、大好きな生成り色で、
繊維のかす(そばかす)がポチポチと見られます。
未漂白の証ですね。
手ぬぐい程の厚さを想像していたのですが、未晒しだからか、倍くらいの厚みがあります。


晒は一反が約34cm幅×10m(幅や長さはメーカーにより多少違うこともあるようです)、
68cmを2枚取り、端を折り伏せ縫いで縫い合わせ、約65cm四方の蒸し布を2枚作りました。

食品に使うので、何度も水洗いした後、煮沸消毒(糊落とし)を2回行ってから使いました。


この蒸し布で蒸し→包んで保湿・保温を行ったら、とても綺麗に麹の花が咲きました。

DSC00304.jpg
≪見事~!!≫


網の蒸し布で仕込んだ一回目より慣れてきたのもありますが、
晒の蒸し布で上手く保湿が出来た事も大きかったと思います。

網状の蒸し布は高かった!
晒はヤフオクにて卸価格で入手できましたので、
晒一反×2つが、網状の蒸し布と同じ値段でした\TT/トホホ。

高知で買った大豆(→ここで購入)と合わせて味噌を仕込み、
半年以上経った現在8月、もうすぐ食べごろを迎えます。

米麹から自分で仕込んだのは今年が初めてなので、
どんな味噌に仕上がるか想像ができません。
とっても楽しみです。(納豆味←大失敗 だったらどうしよう・・・ドキドキ)

味噌の出来栄え、改めてブログにてお知らせしたいと思います^^/~。

お読みいただきありがとうございました☆


一反木綿
(ゲゲゲの鬼太郎に出てくる一反木綿って10Mもの長さだったんですね^^;)
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/38-93d5879d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。