【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケフィアヨーグルトを自宅で作るのをもう10年以上続けています。
日常になりすぎてて記事にするのを忘れていました。
スティックに小分けされている種菌を購入、牛乳に混ぜ、
常温で1~5日(季節による)置くだけでケフィアヨーグルトができます。
牛乳パックをそのまま使うので容器の殺菌が要らず、保温も不要なので、本当に手軽です。










種菌は少々お高めですが、仕上がったケフィアヨーグルトを少し取って次の牛乳へ入れて継いでいけるので、
継げば継ぐほど、割安になるような??
夏場はあっという間にケフィアヨーグルト化するので、
種菌をケチりたい私は所定量の半分くらいしか使わなかったり、
(冬はケフィア菌が頑張る前に腐敗菌が頑張ってしまい腐る恐れがあるので危険)
牛乳のほうを減らして種菌も減らしたりして、節約しています。
ケフィアヨーグルトで継いでいく方法は雑菌の混入とかで菌のバランスが崩れるなどの理由で
種菌メーカーは推奨していない事が殆どですが、、、
種菌を消費させたいが為の何かしらの戦略では?と思って、、、
むしろ普段入手できる牛乳や日本の気候に合った菌バランスに変わっていくのでは?と良いほうに捉えています。
たまにケフィアの種継ぎを怠って途切れてしまった時には新しい種菌を使いますが、、
今のロットは継いで継いで30代目(30回目)くらいですが、
味はそのままだと思うし、問題ありません。
コーカサス地方に伝承されているヨーグルトとの事、
現地の人も粉の種菌ではやっていないと思うんですよね。
どれだけコーカサス地方の皆さんが自家製ケフィアを作っているかわかりませんが、
もし切らしたら、御近所の誰々さんに少しわけてもらおう(ヨーグルトを)ってやってるかと。
(幼少の頃、紅茶キノコやカスピ海ヨーグルトが流行った時も御近所で色々飛び交っていました。。)
そもそも現地ではケフィアヨーグルト自体が普通に売られていて自家製で作る必要もないのかもしれませんね。
3歳前半の娘マメ子が牛乳を飲みすぎると脂肪を分解できないのか、
便が白くなるので、自宅では牛乳そのままでは飲ませないようにしています。
(保育園でも飲むので)
ケフィアにしても極端に食べすぎないほうが良いと思っていますが、嗜好品的に時々と、
コーヒーフィルターで水を切り、チーズのようにして食べるなど日常に取り入れています。
ケフィアにしておけば、乳糖が分解されているからか、多めに食べても便は白くなりません。
ケフィアチーズを更にチーズケーキにしたら最高でした!
あとは苺とケフィアヨーグルトをバーミックスにかけるなど、色々アレンジしています。
美味しく楽しく、醗酵を生活に取り入れています。

EM菌液と仲良く発酵中のケフィアヨーグルトです。
コーヒーフィルターで数時間(一晩待つと尚良し)水切りして、ケフィアチーズになります。
落ちた水分はホエー(乳清)なので、大事に飲みます。
次の牛乳へ種継ぎする時にホエーを使ってもOK!!


ある日の昼ご飯。
トマトにケフィアチーズ、塩・こしょう、オリーブオイルのサラダです。
奥に見えるのは手前味噌で作った五平餅です。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/131-da4b4f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。