【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年前から大ヒットしているスープジャーを、遅ればせながら購入しました。


サーモスのタンブラーを3個持っており、保温性が抜群なのをよーーく知っているので

迷わずサーモス製をチョイス。

サーモスは内側がステンレスなのですが、他メーカーのものは内側がプラスチックだったりして。

熱々のものを毎回入れるので、(害は無いとは言われているものの)ちょっと気が進みませんでした。

サーモスも内蓋はプラなんですけどね。


スープジャーを購入し、汁物を持参できるようになってから、

お弁当の満足度がメチャクチャUP!!


すぐに夫の分も購入して、2人分作るようにしました。

夫も大変気に入って、昼食時には「今日のスープの組み合わせ最高だね」

みたいなメールをやりとりしています。

夫の職場でも、スープジャー気になってたんです~という人が数人居たようで

勧めまくってきたそうです。


前日作ったお味噌汁・スープ・麻婆豆腐・シチューなどを入れる、これはスタンダードな使い方。

これだけでも充分便利なのですが、


前からやってみたかったのが、保温調理器として、調理しつつ持ち運ぶ方法。

生の野菜などを熱湯・調味料とともに入れておいて

通勤・AMの仕事をしている間に保温調理・・・!!


スープジャーは中身も入ると正直重ためですが、えんやこら運んでいる間にも

調理してくれてると思うととっても可愛らしく思えてきて、苦になりません。




残り物を入れるのとは違って1食分だけのお味なので、

ずっと同じものを食べ続けなくていいのも、想像以上に嬉しいものでした。


コツは容器・野菜を余熱で温めておく為に、下準備として

ジャーに材料の生の野菜と熱湯を入れて数分置いておくこと。

それでも、スープは昼には(作ってから5時間後くらい)ほんのり熱いくらいの適温に冷めています。

タンブラーの保温力より随分冷めてしまうのだなーーとは思うのですが、

同じようにはいかない理由が何かあるのでしょうね。


自分用に270ml、夫用に380mlを購入してて、

長距離ドライブの時に入れていたお味噌汁を飲み比べたのですが

大きいほうが保温性がより高いと思いました。

でも380mlは私には量が多すぎるので(夫には丁度良いらしい)

320mlくらいのものを熱望☆





保温調理がこんなに便利とは・・・・・・


大鍋をそのまま保温できるサーモスのシャトルシェフ。

こちらも10年くらい欲しいと思っては思い留まってきたのですが、いよいよ購入したい。

沸騰させてセットしておいて、煮えるの待たずに寝れるって、素晴しいですよね。

買っちゃおうか。







スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://akiukiki555.blog.fc2.com/tb.php/103-391ce9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。