【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苛性ソーダの入手、厳しいとは知っていましたが、やはり苦労しました。

ドラッグストア×2店舗、調剤薬局×1店舗に無しと言われました。
気持ちもめげてきて、食品を多く扱っているようなドラッグストアでは聞くのも億劫になってきたところ、
スギ薬局さん(ドラッグストア内の一角に調剤薬局も併設)で購入できました。

「石鹸づくりに使う苛性ソーダありますか?」
「ありますよ」
「えっ・・・・・・・・・・・・・!!!あるんですか!!!!(嬉しすぎて絶句)」
「え、、はい、、、あります」

と店員さんを戸惑わせてしまいました。
500gで600円くらいでした。
印鑑(シャチハタでない)が必要でした。
住所氏名と使用用途を記入し、無事にGETすることができました。

このスギ薬局さんでも常にストックしている訳ではなく、
たまたま1袋残っていたそうで、通常は取り寄せになるとの事でした。
取り寄せになるにしても、扱ってくれるだけで大変助かりますね。
牛乳パック1本分の石鹸を作るのに約100gの苛性ソーダが必要。
次に購入するのはずっと先になると思いますが、その時も扱いがありますように。

苛性ソーダは仕事で日常的に扱っていて慣れているので、
私は怖くはないのですがやはり危険です!!
冷却しながら水に苛性ソーダを入れていきますが、
冷却が間に合わない(苛性ソーダを水に対して多すぎる量を一気に入れ過ぎる)と、
皮膚や角膜を溶かす強アルカリ液が噴水の様に突沸します。
防護ゴーグルは必須アイテムです。

ちゃんと使える石鹸が仕上がったらプロセスを写真付きで残したいと思います。
(他の人の記事も沢山見つかりますが、自分の備忘録がてら・・・・・・・・・)

[生活の木]ゴーグル
価格:801円(税込、送料別)




スポンサーサイト
廃油石鹸を作りました!前回の続きです→☆
6月5~7日 曇り 25℃くらいの時に仕込んでいます。
牛乳パックに流してから48時間目となる昨晩はかなり固くなっていたものの、
上から覗いてもパックの壁面にへばりついている感じでしたが
60時間目となる今朝、上からのぞいてみたところパックから
ペロッと剥がれそうだったので剥いでみました。
固まったと言ってもこの時点では石けんではなく強アルカリの危険物なので、
素手では触れないし、牛乳パックを破かずに開いてその上でカットまでできると
洗い物が楽かなーと思っていたのですが、パックは螺旋状に破きながらでしか外れませんでした。

なのでまな板の上でカット。
質感は、やや常温に戻したクリームチーズという感じ。
プラスチックまな板の表面の凸凹模様が付いてしまうかと心配しましたが、平気でした。
切る感触は木綿豆腐みたい!包丁に付く感じは無く、楽に切れました。
どの様なサイズが使いやすいか分からなかったので、色んなサイズにカットしてみました。
ボトルに水と一緒に入れて溶かし、液体せっけんとして使うというレシピを見かけたので
それをやってみたく、ボトルに入れやすいように細く切ったものも作りました。


これでひと月待てば使えるそうです。
楽しみです!!
廃油で石鹸を作ってみました!
以前からやってみたかったのを、やっと決行しました。
第二子出産までカウントダウン中で、布おむつの下洗いに使いたくて。
作ったと言っても作業が終わっただけで、使えるようになるまで1か月以上熟成させないとならないので、
きっと出産には間に合わないですが、お産やら何やらで忘れたころに完成・・・
今は石鹸の事ばかり考えているので、それ位が私には良いかもって思いました。
廃油 100g
水 30g
苛性ソーダ 15g
この割合で、ペットボトルでやりました。
廃油は610g取れました。
というか石鹸作りたさに、パン生地を作りわざとたっぷりの油で揚げて揚げパンに・・・
使い終わった油がなかなか冷めないので、
新しい油を足して冷ましがてら量を増やしたりして・・・(揚げパンそっちのけ)
あと古くなったオリーブ油も少し足してみました。
牛乳パックに流しいれ、2晩経ったところでかなり固くなりました。
ただパックからペロッとはがれる感じではないので、まだ出してカットすることができません。
気長に待ちます。
ちゃんと使える石鹸が完成したら、作り方などまとめたいと思います。
揚げ油を何度も使うのに抵抗があり、都度捨てていたのですが、
今後は廃油を溜める為にオイルポットを購入、、、、、今ここです。
台所用の合成洗剤にも抵抗があるので、上手くいったら食器洗いにも使いたいと思っています。


先日、自家製ケフィアヨーグルトと、それを水切りしてつくるケフィアチーズの事を記事にしました
これを使ってデザートを作りました!

レシピというほどではないですが・・・・・・・・・・作り方は、
水切りケフィアに好みのジャムを適宜混ぜ、マリービスケットにサンドして冷凍するだけです。
※厳密にはスーパーで売ってるPBの安いマリービスケットもどきを使いました。
小ぶりなのでちょうどよかったです。
大きいのを1個食べるより、小さくても数個食べる事がマメ子としては満足度が高いようで。。
おやつに2個あげています。
ジャムを混ぜたら緩くなるので、ケフィアチーズの水切りは長めにするのがコツ。
数分常温に置いて少し柔らかくしてからからマメ子のおやつにしています。
ビスケットがサクッとしたままで、すごく美味しいです。
一緒に作るのも楽しかったです☆


トッポンチーノをダダーッと作りました!
更にカバーもダダーッと作りました!!

裏面は、本体と同じ生成りキャンパス地を使用、
肌面は、たまたまあったnani-iroの生成りに白ドットWガーゼと
ピンクの花柄が可愛らしすぎて使い道に困っていたUSA輸入ダブルガーゼ の2種類を使用。

作り方は、以前の自分のブログ記事ですが・・
これと同じ方法で簡単に作れます→授乳クッションカバーづくり
出し入れ口の片面には生地の耳を使い更に楽に。

寝んねの赤ちゃんを寝かせて写真撮影をいっぱいするものなので、
背景となる上面の生地は可愛いものが良いですよね。
ベビー向きの可愛い生地ストックがあって良かったです。
裏面もWガーゼだと頼りない感じになるかと思ってキャンパス地を使いました。
良かったです。
昨日からこの上で寝ています。産気づくのを待ちながら・・・・・・・・落ち着かない日々です。
出産間近にトッポンチーノという赤ちゃん用ミニ布団の存在を知ってしまいました。
トッポンチーノとは
出産間近すぎて、綿ワタの取り寄せがとても間に合いそうになく一旦ハンドメイドを見送ったのですが
やっぱり我慢できなくなって、キルト綿がポリならストックしてあったので、パパ~っと作ってみました。
1時間で出来ました。
ポリ綿ではフカフカし過ぎてて、赤ん坊が沈んで窒息の危険性があるので本来は向かないのですが
市販品を調べてみたところ、ポリ綿のものもあったので
かなり薄く作って、内袋内でズレないように&厚みを抑える為に10カ所、タコ糸で留めました。
100均の座布団かなっていうくらい薄いです。
これを出産まで座布団として使って、更に薄くするつもりです。
スリングの中敷きにも良いようで、ポリ綿で薄く軽く作れたのは良かったと思います。
もちろん、丸洗いもできます。
作り方ももう適当で、66×42cmの生成りキャンパス地を2枚用意。
(たまたまあった水通し済のストックですが、張りがありしっかりしていて最適だと思いました)
4ツ折りにして、角をポリバケツの蓋を使って丸く落とし、
長手1辺を返し口として残し、1cm内側をグルッと縫います。


カーブ部分に数カ所切り込みを入れて、表に返します。
キルト綿をクッション幅にカットする。
いつもの手芸ナカムラで2~300円だったもの。1袋全て使用。
2本と半分くらいの半端が取れた。
長さは長いまま、畳んで使用する。
重なる部分をずらして、薄い部分には余った半端を重ねるなどして全体がほぼ同じ厚さになるようにする。
ズレないように、糸調子を一番ゆるく、縫い目も一番長くして両脇を縫い留める。
(ミシンには絶対よくないので、気になる人は手縫いで留めたほうが良いです)

これを内袋に入れる。
下準備したキルト綿の角を内袋に合わせて落とそうかと思ったが、
元々軽い仕上がりになるスカスカなボリュームなので、そのまま詰めたら角まで詰まって良い感じになった。
返し口を閉じる。
(手縫いが嫌いなので、ミシンでダーッとやってしまいました)
タコ糸で10カ所留める。レザー用の太い針が活躍。
手芸糸などでも良いと思うが、カバーを薄い色目にする場合は透けるかもしれないので
目立たない色が良い。
丸洗いするときに干しやすいように、洗濯ばさみで留める場所をテープで付けました。
材料費500円くらいで、完成~!!大満足です。

お母さんの匂いを付けておくと赤ん坊が安心するとの事なので、
尻で潰したり、この上で寝てプレスしつつ匂い(臭い?)を付けてお産を待とうと思います。
手芸ナカムラさん、お世話になりまくっています。








キルトワタ
価格:216円(税込、送料別)













生成りテープ(ソフトタイプ)
価格:324円(税込、送料別)





ダイソーにて、タグとして使える綿テープを発見!

カットして縫い付けて使います。
黒字と茶色字があり両方迷わず購入。
絵柄もカワ(・∀・)イイ!!です。黒と茶色は違う柄でした。

ハイセンスな手芸パーツは専らセリアかなって思っていたので
テンション上がってしまいました!
タグ系は高いですが、これなら2メートルも入っているので気軽にあちこち使えそうです。
水通ししておこうかな??

これで固定してから縫い付けると楽&綺麗にできると思います。

アイロン接着テープ2本セット
価格:216円(税込、送料別)



第二子妊娠中で、一人目とは4歳差となります。
その間にベビーグッズの流行りが進化していたようで、、、
必要な物は一通り揃っているから~と出産準備は一人目グッズのメンテ(主に洗濯)程度で
ろくに調べものなどしていなかったのですが。

臨月に入り緊張と混乱がてらネットサーフィンをしていたら
≪トッポンチーノ≫
というクッションの存在を知りました。




これ、4年前には無かった(知られてなかった)と思うんです。

トッポンチーノとは→→トッポンチーノを手作り

イタリアの昔ながらの品のようです。
日本で言う座布団でしょうか。
でも赤ちゃん用なので楕円の横長形、赤ん坊が沈み込みすぎないように硬めの綿を使うなど
定義があるようです。
このブログは検索ワード≪授乳クッション カバー 作り方≫で来てくださる方がとても多いです。
ハンドメイドが好きな方は、このトッポンチーノにも挑戦されては如何でしょうか。
重宝すると思います。
私も作りたかったのですが、材料を取り寄せしてからでは産まれてしまいそうで、厳しいです。
気付くのが遅くなりすぎました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。