【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



冷蔵庫の余り野菜のキャベツ・もやし、かつお節、手前味噌です。

キャベツともやしをジャーに入れ、熱湯を注ぎ、蓋をして数分予熱。
お湯を捨て、かつお節・手前味噌を入れ新しい熱湯を注ぎ蓋をして完成!

もやしは意外に火が通りづらいようで、かなりのシャキシャキ感。
キャベツは火が通りやすいようで、くたくた。

かつお節は好みによりますが、入れすぎず隠し風味くらいがちょうどいいかと思いました。

おかずの豆鯵南蛮漬けとの相性もグーーー。

手前味噌パワーで午後の仕事もバッチリ頑張れました( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
数年前から大ヒットしているスープジャーを、遅ればせながら購入しました。


サーモスのタンブラーを3個持っており、保温性が抜群なのをよーーく知っているので

迷わずサーモス製をチョイス。

サーモスは内側がステンレスなのですが、他メーカーのものは内側がプラスチックだったりして。

熱々のものを毎回入れるので、(害は無いとは言われているものの)ちょっと気が進みませんでした。

サーモスも内蓋はプラなんですけどね。


スープジャーを購入し、汁物を持参できるようになってから、

お弁当の満足度がメチャクチャUP!!


すぐに夫の分も購入して、2人分作るようにしました。

夫も大変気に入って、昼食時には「今日のスープの組み合わせ最高だね」

みたいなメールをやりとりしています。

夫の職場でも、スープジャー気になってたんです~という人が数人居たようで

勧めまくってきたそうです。


前日作ったお味噌汁・スープ・麻婆豆腐・シチューなどを入れる、これはスタンダードな使い方。

これだけでも充分便利なのですが、


前からやってみたかったのが、保温調理器として、調理しつつ持ち運ぶ方法。

生の野菜などを熱湯・調味料とともに入れておいて

通勤・AMの仕事をしている間に保温調理・・・!!


スープジャーは中身も入ると正直重ためですが、えんやこら運んでいる間にも

調理してくれてると思うととっても可愛らしく思えてきて、苦になりません。




残り物を入れるのとは違って1食分だけのお味なので、

ずっと同じものを食べ続けなくていいのも、想像以上に嬉しいものでした。


コツは容器・野菜を余熱で温めておく為に、下準備として

ジャーに材料の生の野菜と熱湯を入れて数分置いておくこと。

それでも、スープは昼には(作ってから5時間後くらい)ほんのり熱いくらいの適温に冷めています。

タンブラーの保温力より随分冷めてしまうのだなーーとは思うのですが、

同じようにはいかない理由が何かあるのでしょうね。


自分用に270ml、夫用に380mlを購入してて、

長距離ドライブの時に入れていたお味噌汁を飲み比べたのですが

大きいほうが保温性がより高いと思いました。

でも380mlは私には量が多すぎるので(夫には丁度良いらしい)

320mlくらいのものを熱望☆





保温調理がこんなに便利とは・・・・・・


大鍋をそのまま保温できるサーモスのシャトルシェフ。

こちらも10年くらい欲しいと思っては思い留まってきたのですが、いよいよ購入したい。

沸騰させてセットしておいて、煮えるの待たずに寝れるって、素晴しいですよね。

買っちゃおうか。








レザーのミニ靴をキットで製作中・・・

できた~~



キットの説明書には所要時間70分とあったけど、55分で完成。

しかもその内10分は、糸を針に通すのに奮闘してたので、
(老眼疑惑と乱視のコラボにより辛い)

かなり簡単でした。

キットだと、それなりの出来栄えが保証されている安心感が良いですね。


でも、革がピッカピカすぎて味がないような・・・・


そこで、履き古した感を出す為に、水ぽちゃ大作戦。



サッと水に浸けて、軽く曲げて洗濯ばさみで固定。

挟み跡が付いて困る箇所は布などを挟むのを忘れずに。

このテク初めてやってみたけど、結構理想的な跡が付きました。

短時間で皺が入るので、固定して5分くらいで一度様子をみながらやると良いと思いました。


革靴や革バッグが雨に濡れた時は、ちゃんと形を整えてから

乾かさないといけなかったのですね、よく分かりました^^;。


今回、縫い糸は普通の木綿糸を2本取りで作りましたが、

やはりレザー手縫い専用の糸のほうが味があるかと思いました。

一応、白い糸をコーヒーにくぐらせて薄く染めたつもりなのですが、ほぼ白ですね。

何度か繰り返したらよかったのかな。

あと、甲には細く切ったフリース生地をボンドを薄く付けて丸めて、押し込みました。

甲がぺったんこ過ぎると貧相かなと思って。これはやって良かったです。



写真を撮るのが難しかったけど、大満足の仕上がりです。

鞄につけるのが楽しみ~!


他にもレザーパンプスなどのキットも売っていたので、作ってみたくなりました!

ものづくりは本当に楽しいですねv^_^v。









レザーの鞄や靴が大好きです。

鞄ではgenten、ダコタ、ポーターのレザーラインなど。

靴はビルケンシュトックを主に。


でも鞄は特に、重たいのが難点!

最近は職場にお弁当を持参するように頑張っていて。

電車通勤&娘マメ子の保育園送迎もあるので、鞄は特に軽くしたい。

なので軽めの帆布やデニムっぽい布地バッグにレザーのチャームを付けて

レザー感を楽しみたいと思ってレザーのチャームを探していました。

gentenが大好きなのですが、何気ないチャームでも高くて!手が出ませんTT。



↑でもこれは、義母が愛犬のパグを亡くして落ち込んでて
パググッズが欲しいと言っていたので
母の日にプレゼントしようかな?と思っています。
自分用にはなかなか勇気の要るお値段^^;。


レザーチャーム、ハンドメイド作家さんの作品などを色々調べている内に、

ミニチュアのレザー靴づくりが流行っているというのを知りました!

あぁ、、知ってしまった。


昔、レザークラフトにハマッていた私なのですが・・・

自分で仕上げなどを試行錯誤するにはあまりにも根気不足で

完成度の最低な作品しか作れずにすぐに断念して、

道具一式は一度ヤフオクで売り払ってしまったのをとっても後悔。

今のように情報がネットで豊富に得られる時代でもなかったし・・・←言い訳。

改めてレザークラフトの事をネットで調べたら、今は沢山の作家さんがコツなどを

発信されていて、本当に助かりますね。

今なら素晴しい作品が作れそうな予感がします。←あくまでも予感。


それでレザーのミニ靴をものすごく作りたくなって手芸店(レザーコーナー有)へGO!!


すると、菱目打ちなどの道具も一通り売っていたのですが

なんとミニ靴キットが販売されているではないですか!

・・むしろ完成品も売っててびっくり仰天。キットと同じ値段で。。

デパートでは数千円しそうなクオリティなのですが、

まさかの手芸店で800円くらいで売られているとは。


でもやっぱり自分で作る事が好きなので。

とりあえず、キットを買いました。



これなら縫い穴が空いているので、トンテンカンテンしなくて済むし。

最近ますます活発で歌が大好きな娘マメ子が、集合住宅の皆様に

御迷惑をかけまくっていると思うのでこれ以上の騒音は出せず。

木槌でなくゴムの槌を使って、下にクッションも多く敷けばそんなに爆音でもないと思うのですが

うるさくしないに越したことないのでね・・・。


手芸・工芸的な手仕事が大好きで、新しい事を知ると(最近、他にはレジンを・・)

どうしても自分でやりたくなってしまって、ネットでその事ばかり調べて頭の中もその事で一杯になり、

自分が手に負えない状態にしばしば陥ります。

今回、キットででも靴を作ったら私のレザーブームは去るのだろうか、それとも再燃するのか?!


今!から作りま~~す\^^/












自由に使えるお金が沢山あった独身の頃、可愛い生地を見つける度、

こんなの作ろ~あんなの作ろ~と妄想しては次から次へと買い込んでおりました。

衣装ケースに5箱くらい、積みあがっておりました。

2回の引っ越しも同行しました。

場所ふさぎの布を夫は本当に嫌がっており、

何度も捨てられそうになるのを必死に守り抜いてきましたが、

「これが占有している面積分の家賃を払え」とまで言われる始末。


子供が生まれて、グッズをあれこれ作ったほうだとは思いますが

今後を考えても、とても使いきれる量ではなく・・・

断捨離として破格でヤフオクで販売したりもしたのですが

手間ばかりかかるし、捌ききれず。。


ついに、就労支援施設へ段ボール一箱分、寄付してきました。


事前にネットで就労支援施設と作業内容に手工芸とあるところを検索、

寄付を受け付けてくれるかを電話で問い合わせしてから行きました。

その施設は一角にベビールームがあり、マメ子が赤ん坊の時によくお邪魔して

遊ばせてもらったところでした。

育児に煮詰まった時や、夏の暑い時期など本当に助かりました。

いい形で少しでもお返しできたかしら~~と、寄付してよかったと思いました。






大量の布、たまに広げて眺めては幸せな気分になっていたのですが、、

手放した布をこうして写真で見返すのも悪くないですね。




バーゲンブック会場にて、気になる本を見つけました。

買いたかったけど、レジが長蛇の列で断念。



楽天ブックでも売り切れ、なんとしても入手したいです。


炊飯器で甘酒を作る要領で、50度~60度を6時間~10時間保つところ、

2時間程度の甘みが出すぎる前に冷却・発酵を止めたものを【麹スープの素】とし、

スープやシチューなどあれこれに入れていくというものでした。

甘酒は砂糖代わりに料理に使うこともありましたが、

麹スープの素なら味を変えないので、構えずに日々の料理にチョイ足しで使えるので便利ですね。

甘酒とともに実践してみたいと思います。

近所のスーパーの麹売り場にて、【麹の成分は薄毛に効く!】のPOPがありましたが、本当だろうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。