【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ ネットショップ・ヤフーオークションにて布ナプキン・ソックモンキーの靴下を
 
 お買い上げいただきました方へ~


布ナプキン、ソックモンキーなどお作りいただいたかたは作品の画像を是非お送りください☆

その場合、角度違いなどで数ショットいただけると助かります。

メールアドレス: chanakin_9@yahoo.co.jp ※アットマークを半角に変えてください


当ブログ又は姉妹ブログ 布ナプキン 始めてみませんか にて紹介させていただきます。

個人情報(お顔、ご自宅の周辺など)が載った画像の場合は、こちらでトリミング・加工をさせて頂きます。

加工後、オリジナルの画像は速やかに破棄致します。

御連絡いただきました方を対象に、プレゼント企画を考えています。

詳細は考え中です・・改めて発表させていただきます☆


ブログはGW明けまでお休みを頂きますので、GW明け以降に順次対応させて頂きます。

米麹のその後も早くまとめて記事にしたいと思っています\^^/。

またどうぞご覧ください☆
スポンサーサイト
先日、米麹を仕込んだのが上手くいき、(前回の仕込みの様子 記事はこちら

今も米麹を 2キロ 仕込んでいます。

3回目ともなれば大分コツがつかめてきました!!

明日は味噌を仕込む予定で、今は大豆を水に浸けて戻しています。



先日、実家の母から「レッグマジックXをインターネットで手配してくれ~」と要請されました。

テレビの通販番組でよく見るコレ ↓ です。



テレビで案内されている注文センターに電話で頼むよりも、

ネット通販で購入したほうが少し安い!という情報をどこからか仕入れたようです

(今は母の日キャンペーン中のようで、わたしが注文した時と同じ値段で、
 
 トレーニング用のゴムチューブ、台に傾斜を与え負荷を上げるパーツが付くようです)


実家に届いた物を、先日試してきました!!

(カメラを持ち歩いていなかったので、下記イメージ画像です)

lgmx_natu02.jpg


両足を左右にスライドするペダルに乗せ、足を開閉するだけのシンプルなトレーニングなのですが、


き・・・・・きつい・・・・・・・・・・・。。


1日1分で効く!!という宣伝文句ですが、正直、1分も続きません。

高いところから低くなるところまでは、勢いが付きすぎないように踏ん張りつつ、

(闇雲にシャーシャー動かすのでは効果が低いようです)

低いところから高くなるところまでは、身体が持ち上がるように引き上げつつ、

スライド~ スライド~ スライド~ スライド~~。

わたしは特に、窪みの低いところからレッグマジックの中央に向かって

身体を持ち上げる動きがきつかったです。太ももの内側に効く~!!

日常生活では絶対に無い動きで、効果抜群です!!!


40秒くらいで限界がきて、トレーニングした~~っという満足感があるからか、

実家の家族も毎日続けられているそうです。


スライドする時のシャーーシャーーという音が少しうるさいので、

マンション住まいの自宅では買えないかな~と思い、実家に帰る楽しみが増えました♪

脚に筋肉が付けば、血を送る力が強くなって冷え性にも良いので沢山使いたいです。



米麹 2回目 仕込み中。

今回も上手くいきそうで、ルンルンしています☆


米麹のつくり方は、専らネット上の情報を頼りにしていました。

今回、参考にさせていただいたサイトをまとめました。

男の酒肴

→数多くの加工品や調味料の手作り方法が丁寧に解説されています。
米麹以外にも、以前からかなり参考にさせていただいていました。
台所にある道具で作れるよう工夫がされているのも再現がしやすくて、とても助かります。
(【米麹の作り方】をクリックしたら、更に枝分かれして【米を栽培する方法】も紹介されていて、
 本当に頭が下がります)


発酵で遊ぼう 米麹

→こちらは、林弘子さんの本を参考にしたレシピが紹介されています。
麹菌ではなく、米麹を使う【共麹】という方法です。
保温方法などは、麹菌を使う方法にも参考になりました。
(保温時間は40~70時間くらいと仰っていて、
 条件によってそんなに幅が出るんだと気が楽になりました)


KOJI-ZA(ビオックさん)

→こちらの作り方は写真が無いものの、麹屋さんのサイトなので、
作り方の中にプロのコツが散りばめられています。
保温時間は48時間と書かれていますが、わたしが今回作ってみた体感では60時間くらいかかります。
やはり米500gだの800gだの少量で作っているから温度・湿度が安定しづらいのだと思います。
(気になって度々いじくり回すのも時間がかかる要因だと思います><)


つくる楽しみ 米麹の作り方

→このかたはKOJI-ZAさんを参考にされたとの事です。
米1キロに対して麹菌を8g使っているところに親近感を覚えます^^;。
(写真にある麹菌の量・・まさにわたしも同じくらい使ったので嵩に見覚えがありました)
やはり、スタートの時点で増えて欲しい麹菌の絶対量が多いのは、有効なのだと思います。

楽しいたべものづくり

→わたしも今回作ってみた 保温装置はこちらのサイトを参考にさせていただきました!!
水分が足りない時には霧吹きで・・とありますが、
これは雑菌が入りそうで大丈夫なのかな?と心配だったので、避けました。
このかたも 林弘子さんの本を参考にされています。
わたしも取り寄せて読んでみようかな~と考えています。


最も簡単な麹の作り方

→このかたはお米2升で仕込んでいるので、少量で仕込む場合とは保温の勝手が多少違うものの、
試行錯誤されている様子が文面から伝わってきて読んでいてワクワクしました。
わたしも慣れたら2升などの大量仕込みにも挑戦したいです。
味噌に、甘酒に、塩麹に、どぶろくに・・・!!サイコーですね♪

皆さまの作り方を何度も読ませていただき何とか上手く出来ました!!(多分)

ありがとうございました\^^/

わたしも自分なりにコツをまとめて記事にしてみるつもりです。




本当は常滑焼の瓶がほしいのですが、米麹から手作りしたのが今回初めてなので、

失敗に備えて、今年は有る容器で間に合わせます。

≪径が狭く背が高い、お味噌専用の形があるんです≫
≪空気に触れる面積が少なくて済むので、カビて捨てる部分も少なくて済むようです≫

味噌作りは、昨年までは実家で母と一緒にやっていたので、

1から10まで一人で作るのは今回が初めてです♪♪



米麹づくりの参考になりましたら↓ポチッとクリックをお願い致します。

お読みいただきありがとうございました\^^/








テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用
米麹の仕込み 2回目   からの続きです。

仕込み後、約60時間+α 保温して、見事っ!大成功しました!!

DSC00304.jpg


まさに、≪みやここうじ≫ のような出来栄え、麹菌が頑張ってくれました!!

みやここうじ


でも最初の写真は48時間目のもので、バラバラにほぐしたら中の方には

菌糸があまり見えず、ちょっとガッカリ。


更に12時間、ほんの少し保温。

でもあまりそれ以上の変化が無かったので、これで仕上がりかな~と決め付けました。


本来この後は、広げて涼しいところで乾かして麹の活動を止めるところ、

もう止まったし!と勝手に見切りを付け、

横着してザルに一まとめにしたものをボールに入れて就寝。


次の日朝起きたら、なんと麹が再び活動しており、温かく熱を持ち、

水蒸気を出し(ボールの内側が結露していました)、菌糸が増えて

全体的に真っ白になっていました^^;;。


ラッキー^^v。

麹菌、賢いヤツめ。




またまたすっかり気を良くして、立て続けに次を仕込んでいます。

ただ家に米が500gしか無く、今回の800gより大分少ないですが、

少ないなりの発見があるかと思い、強引に進めています。



2度成功すれば、大分コツが掴める筈なので、工程を備忘録がてらまとめるつもりです\^^/。

お読みいただきありがとうございました。




テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用
米麹の仕込み 2回目① からの続きです。


種麹は、多い分には問題ないので今回はタップリ使いました♪
(恐らく10倍くらい使いました・・・でもまだまだ沢山残っています)

DSC00278.jpg


蒸し米に種菌をまぶした後、一旦10~12時間、保温します。

この時、30~31℃に保温しつつ、下記も気をつける必要があります。

密閉ダメ→麹菌の活動に酸素が必要なので

乾燥し過ぎダメ→前回は恐らくこれで失敗


保温にはコタツが一番手軽だとは思ったのですが、密閉しない場合、乾燥してしまいます。

コタツで成功する人も多いようですが、管理がし辛そうだったので、

今回【保温装置】を手作りしてみました。


ダンボール箱の中側に、100円均一で買った保温シートを貼るというものです。

(実際には、スッポリとハマったので留めていません)

DSC00270.jpg


保温シートは、底面のおよそ倍の面積分余ったので二つ折りにして、

底に敷いて床の冷気を防ぐようにしました(底は3枚分重ねたことになります)。


念のため、雑菌をやっつける為にダンボール箱の内側を火で炙りました。

熱源は湯たんぽなので、数時間置きに取り替える必要があります。

湯たんぽにバットが直接触れないように、別のダンボールを切って丸めてゲタを作りました。

DSC00282.jpg



恐らくこの保温装置は、保温調理用にも使えると思います。

わたしは煮物などを作る時、ずっと煮る事はしません。

沸騰→火を止める→放置→冷めた頃再度沸騰→火を止める→・・・と、余熱で調理します。

次の機会には、沸騰したらこの保温装置に移して様子を見てみます。

(この保温装置は、スーパーでトロ箱を貰えば一発で済む話なんでしょうけど、

 内気なもので、モジモジして言えそうになくて、結局作ってしまいました)


既製品にもこういった保温調理器がありますよね。

これを知ってから数年来、ずっと欲しくて考えているのですが、

狭いマンションのキッチンでは場所を取ってしまいそうで、なかなか手が出ません。

とりあえず、自作の保温装置を試してみます♪♪



≪サーモス社の水筒を持っていますが、ものすごい保温力なので
 これもきっと凄いんだろうな~とは思っています≫


今日の昼ご飯はホットサンド。
中身は、ゆで卵とキャベツとチーズです♪♪

DSC00284.jpg

米麹作り、参考になりましたら拍手&ランキングにポチをお願いします\^^/

テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用
献血に行ってから5日目~!

血液検査の結果が届いていました♪

貧血の有無を知る目安となるいくつかの項目が、全て基準値のど真ん中という結果でした!!

すっかり気を良くしているアキキです♪♪やっぱり鉄瓶のお陰でしょうか☆→貧血と鉄瓶

(ただし、コレステロール値はここ数年うなぎ登りで自分の事ながらヒいてしまいました)



3ヶ月ほど前に失敗疑惑麹を仕込んでしまってから、随分暖かくなりました。

温度管理(保温)が幾分しやすくなったので、米麹の仕込み、2回目を行っています。



米麹を仕込む手順を、とても大雑把にまとめると、下記の通りです。


米を浸漬



ざるで水切り



蒸す



冷ます



種付け



保温①(麹菌の活動を促す為に温度を保ちつつ保温)



保温②(麹菌の活動により上がり過ぎてしまう温度を下げつつ保温)



乾燥・冷やす【完成!!】


という流れです。

保温にも①(加温)と②(冷ます←保冷と言うべき?)があり、どっちやねん!!!と言いたくなります。

今は①を終えて待ちの段階です。



前回は、保温を乾燥したコタツの中・・しかもザル+蒸し布に包んで・・で行ったので、

蒸し米が乾燥し、麹があまり増えなかった。※多少は、白いフワフワが見れた。

更に、気にしすぎて何度もいじくり回してしまい、変な菌が入ってしまった為、

イマイチの仕上がりだったと考察しました。

このイマイチ米麹は、現在、塩麹として活躍中です。

塩麹としては問題なく、美味しいです♪

しかし、これで味噌を仕込む勇気は出ませんでしたので、今日はリベンジです。



今回は、米800gで仕込んでいます。

前回1キロでやったら扱い辛かったので減らしました。

(道具が揃っていれば、多く仕込んだ方が温度が安定するので成功しやすいです)


そして前回は鍋・ボール・ザル&コタツで保温を行いましたが、

DSC00285.jpg
≪これでコタツの中・・そりゃ乾燥しますわな≫


今回は乾燥しないように、ステンレスのバット&保温装置(手製)で保温しています。

DSC00275.jpg
≪冷めやすいようにバットの下にザルを敷いて空気を通しています≫

DSC00282.jpg
≪この湯たんぽの形ちょっと気持ち悪くないですか?≫


ステンレスのバットは新たに買いました。

物を極力増やしたくないので、径が広い鍋などで代用できないかな??など色々

考えましたが、結果的には買って良かったです。

買うからには一生物を・・と思い、業務用のステンレスのを購入しました。

餃子を仕込む時など、今までは大皿を何枚も出して並べていましたが、

これからはこのステンレスのバットにズラリと並べられるようになります♪♪



米麹の仕込み、続きます
テーマ:手作り日記 - ジャンル:趣味・実用
先週、1年ぶりに献血をしてきました!!

献血は3回目。

注射は痛いし嫌だけど、献血マニアな友人の影響もあり、

本当は毎月でもやりたいくらい献血が好きになってしまったのですが、

ここ1年は献血が行える条件から外れてしまい、我慢しておりました。


というのは、1年前に海外でお猿さんに顔を引っ掻かれたんです。

何匹いるかな?
≪こんな具合で放し飼い・・というか野生化しており、
 背中からよじ登られ、頭の後ろから手を伸ばして引っ掻かれてしまった≫

狂犬病が心配されるタイでのことだったので、現地の病院でワクチンを打ちました。

このワクチンを接種した後は1年間、献血を控えねばならず、

ウズウズしていたのですが、この度めでたく解禁になり、献血できました!!!


ワクチン以外にも、献血する人・される人双方の健康や安全の為に、

献血の基準などが細かく定められています。

下記のHPに詳しく載っています♪

日本赤十字社HP
献血をご遠慮いただく場合


わたしは年に一度の健康診断を受けだしてから10年になりますが、
ず~~っと血液の値が、基準値の下限ギリギリだったんです。

例:白血球数 30.0~100.0 のところ、31
 ヘモグロビン12.1~ 14.6 のところ、12.3とか・・・

薄いんだ~~という感じで、判定は【A】でもいい気はしない ^^;。



それが・・・・2ヶ月前に受けた健康診断では、血液の値が
どれも基準値のほぼど真ん中になっていてビックリしました。

例:白血球数 30.0~100.0 のところ、55
 ヘモグロビン12.1~ 14.6 のところ、13.1とか・・・


引越しを機にここ一年ずっと、それまでホコリを被りがちだった鉄瓶で沸かしたお湯で

お茶や珈琲を入れて一日に2~3杯飲んでいたので、このお陰だと思います。


≪これに近い物を使っています♪≫


先週の献血でも、事前に血液の比重を測りましたが、看護師さんに

【ちょっと濃いくらい】とまで言われました!!


それまでは、献血に行っても血が薄くてNGが出るのではないか・・と

ドキドキでしたが、もう心配は要らなくなりました。


鉄瓶は使用後に乾かす必要がありますが、ガス台の余熱で乾かす(蓋を開けて載せておくだけでOK)

習慣が付けば、手間が増える訳ではありませんので、続けていくつもりです。

貧血にお悩みのかたは、鉄瓶を試してみませんか。

鉄剤よりも、身体に取り込まれやすい種類の鉄分(ヘム鉄)が自然に摂れます。


2週間以内に血液検査の結果を郵送で貰えるという事後の楽しみもあり、

献血も定期的に続けていきたいです。

(4日目の今日はまだ届いていません←待ち焦がれています)


献血後は、しばらく待合室で休憩させてもらえます。

今回行ったところは飲み物がフリーで、アイスが一つ貰えました。

献血は200mlだったので、水分不足にならないように、水やお茶を200ml以上飲みました。

(献血後に体調が悪くなるのは貧血が原因のケースは少なく、

 水分不足による脱水症状の場合が非常に多いそうです)

絆創膏も貰いました^^v。

これを献血マニアの友人に報告したところ、【神奈川県はどこもそんな感じ】との事で、

地域やセンターによってマンガ・雑誌の有無、アイスではなくてお菓子がフリーなど、違うようです。

今度は違う県の献血ルームも試してみたいです♪


水飲み場完備
≪お猿さん、とても可愛いです。タイのロッブリーという街にて≫
テーマ:健康 - ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。