【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、久々にミシンを出して布ナプキン(ライナー)を作りました♪♪

数ヶ月前から少しずつ手がけていたものです。


色んな柄・素材の布を一気に水通し



一気に裁断



重ねて、待ち針で留める・・



・・・・・で、数ヶ月止まっていたスタンバイ状態の布の一部を仕上げました!!!


まだまだスタンバイ布が残っていますが、ライナー8枚、

一部でも仕上げると、なかなかの達成感です♪♪

(縫う手前までの工程が終わっていたので、作業時間は1時間強程度でした)


8枚の内、6枚は、ネル生地のような、コーデュロイ・・の凹凸を

限りなく無くして少々伸縮性があるような、ニュアンスのある布を、整理がてら使用。

2枚は、ナチュラル系の色・素材感が可愛らしいコットンリネン。


DSC00217.jpg


コーデュロイっぽいほうの生地は、スナップボタンの色で雰囲気がどのくらい変わるかを

試してみたく、相性をテストしてみました。



色んな色が入っている生地の場合、その内のどれか1色とスナップボタンが同じ色で

あれば、相性が良いのでは・・とアタリを付け、



【クラフトパーツ】さんの金属スナップボタンのブロンズ色(←マルチに使えます!!)と、


ぴんくあっぷる
http://pinkapple.jp/

ぴんくあっぷる プラスナップ

このショップのプラスチックスナップボタンの茶・ピンク・白 を使ってみました!!


ぴんくあっぷるさんのプラスナップは、1組10円前後とお手ごろ価格な上に、色の

バリエーションが多く、ついストックで何種類も買ってしまってたのが出番を迎えました。


金属スナップは、真ん中から地の布が見えることもあり、マッチ度が高いですね。

プラスナップはツルッと盛り上がっているので、どれも可愛くなるように感じました。



久々のミシンがとっても楽しかったので、立て続けに、以前より欲しかった

ブックカバーを作ってみました!

※最近は東野圭吾さんの小説にハマっていて、【〇〇殺人事件】やら【復讐は~~】みたいな

物騒なのを電車など、人前で読むのが恥ずかしかったもので・・・・・・・・ 


≪目がチカチカする画像でスミマセン≫
DSC00219.jpg

≪リバーシブルです♪ワッペンも付けてみました≫
DSC00220.jpg


レシピがとっても良くて、簡単に作れました!!

難易度は、給食袋の巾着(←伝わりますか?)よりも少し優しいくらいです!!!

ただ採寸を丁寧に行わないと、本が入らなかったりスカスカになったり

するでしょうから、レシピに忠実に・・と、気は遣いました。


本当はワッペンを表紙の右下部分に来るようにしたかったのですが、

読書中、指がかなり当たる部分なので、アイロン結着が取れてしまうかと思い、

上の方にしました。

このカバーをかけてしばらく読書をしたら、更なる改善点など見つかるかもしれませんが、

簡単に完成度の高い作品が出来たので、気を良くして新たなる布を今!水通ししています^^;;。



参考にさせて頂いたブログが複数あるので、ブロガーさんに確認が取れたら

URLなどを載せる予定です☆


拍手&ランキングにポチしていただけると大喜びします ↓ よろしくお願いします\^^/


スポンサーサイト
高知の珍しい食べ物 1/3・・2/3・・・に続きまして、今回は3/3です☆

農協の直売所には、地元のおかあさま・おばあさま達の手作り食品が色々並んでいます。

(わたしも色々作って、ここで売ってみたい!!)


まずは、

【割れ餅】です。

_DSC3018.jpg

ポリ袋に餅の生地が入ったかたまりのまま売られています。

その日の朝に搗いたものらしく、どれも柔らかいです♪

これは、もち米のお餅ベースに、≪割れ≫てしまったお米がギッシリと混ざっています。

よもぎをチョイスしました!!

購入後、固くならない内に1cmほどの厚さに切っておきます。

切り口には、お米の断面がギッシリ!!

これを焼いてお醤油で食べるのが子どものころから大好きでしたー!

勿論、もち米100パーのお餅も好きですが、

この割れ餅はお米が沢山入っているので軽くて、沢山食べられます♪

わたしは、食べ物アレルギーは幸い全く無いのですが、

アレルギー体質であることには変わりないので、

重たいお餅を食べ過ぎると心なしか、体調が悪くなるんです。

(アトピー体質の人は、もち米や、コシヒカリなどのモチモチ系品種の

 お米は避けたほうが良いそうです)

なので、サクサクとした歯ざわりも、気分的にも、このお餅をリスペクトしています。


次に~

【まんじゅう各種】

_DSC3020.jpg

黒糖まんじゅうをチョイス!!

これも手作りのおまんじゅうです♪

市販のもののように、やわやわ・・ほわほわ・・ではありません!!

ドカンっと、存在感のある皮・・・食べ応えがあり、香りがいいです。

餡にも黒糖が使われており、甘すぎず、朝ごはんにもなりそうな感じです。

饅頭の裏には、敷き紙ではなくて・・・・

_DSC3026.jpg

椿の葉が使われています!!

ん~~エコ&ノンケミカルで安心~~ッ!!!

その美味しさとセンス(というか昔からの知恵なのでしょうけど
とっても新鮮)にノックアウトでした><!!!。


そして・・・

_DSC3012.jpg

さすがご当地!生姜も安いヨ♪


_DSC3013.jpg

ブランド卵の土佐ジロー! 放し飼い・・有精卵!!温めてみる??


っと、楽しすぎてハイになってきたところで・・・・・


ぬ?


_DSC3011.jpg


ぬぬぬ???



たぬき



た っ たぬきの油ーー???















 


(実は数年前から売れ残ってる気がする)



恐るべし 奥深き アメージング高知



また行くヨ!!!


_DSC3034.jpg

≪道の駅南国 風良里(ふらり)で食べたランチ≫
ふわふわハンバーグに軽めのクリームソースの塩梅が最高~!上手!!
付け合せのお野菜が新鮮・タップリ・ポン酢で、わたしの好みにホームランヒットでした!!


お付き合いいただき、ありがとうございました♪♪

高知、行ってみたいな~ と思ったら、ポチ ↓ お願いします\^^/
先日行ってきた 高知で見つけた珍しい食べ物  の記事を、最近UPしています。



今回は高知で見つけた、塩麹関連商品のお話です。

高知でもやはり、塩麹が流行っているようで、スーパーに塩麹コーナーがありました!!

_DSC3029.jpg


中でも、オッこれはアイデア商品だな!! と思ったのが、



_DSC3028.jpg


【塩こうじの素】!!
初心者マークが可愛いです。

これは、まぁなんてこと無いのですが、麹と塩が予め計量してあって、
分量の水を加えて置いておけば塩麹になるよーーというもの。

手軽だし、量りを持っていない人にはハードルが下がっていいな~と思いました。

わたしは普段の料理では、全て目分量・・・なザッパな人間ですが、

お菓子作りと、ヤフオク等の発送時にはマストアイテムなので、デジタル量りは持っています。


塩麹も、慣れるまではしっかり計量したほうが良さそうですよね。

先日仕込んだのが塩麹デビューだったので、その時は、ちゃんと量りました。


量りを持っていない 又は 持っているけど出すのが面倒っという

わたしアキキと気がとっても合いそうなかたは、下記を参考にしてください♪♪


【塩麹】
・塩 … 100g 
・麹 … 300g
・水 … 400ml

①塩と麹を清潔な手ですりすり擦りながらよく混ぜる
②水を注ぐ
③清潔な密閉容器にて保存(常温)
 ※目安は、冬は10日間、夏は7日間。
 ※1日一度は容器の蓋を開け、新鮮な空気と入れ替える。

このレシピを、先日記事にしたのですが

(ちなみにこれは はなまるマーケットのレシピのようです)、


よくスーパーで見かける


みやここうじ

このみやここうじは、200g入りです。


なので、麹200gバージョンの割合も書いてみます。
(比率で換算しただけなので、ちょっと半端な数字になってしまいましたが)

・塩  67g
・麹 200g
・水 267ml(267g)

塩は、大匙1 あたり 16g なので、67÷16=4.1875 で、

塩67g は、大匙 4杯+1/5弱 といったところになります。

※基本的なことですが、大匙に塩をふんわりとすくって、
 お箸などで、はみ出た部分を横に落として【すり切って】量ってくださいね。
 これを、【すりきり1杯】と言います。
(お料理のベテランさんには失礼しました)


っと、みやここうじの会社 伊勢惣 さんのHP にも、

さすが、ちゃんと みやここうじを1袋使った場合のレシピが載っていました。

(勿論、わたしが換算したレシピも使えますよ~~~ 叫)

甘口・辛口 と、2パターン載っているので、とても参考になります。




わたしは我流で、セットした塩麹を ≪コタツ≫ に入れて熟成を早めていたのですが、

チラッと立ち読みした<おの みさ>さんの塩麹レシピ本に、

待ちきれない人は、炊飯器の保温モード(60℃)で一晩置けば完成!!

っと書いてあり、同じような事をやっていたんだ♪♪ と嬉しくなりました。


※炊飯器の保温モードの温度は、機種によって違うので注意が必要です。

自分が使っている炊飯器の保温がどれくらいの温度になるのかを掴むまでは、

・蓋を開けてふきんをかけておく、

・適宜、蓋を開閉する、


などで調整が必要です。


(我が家の炊飯器は、保温・高→70℃位 と 保温・低→40℃位 に

 分かれており、中途半端で困ります)



塩麹でお肉を漬けておけば、焼いた後に冷めても固くならないので

お弁当にも重宝~ と書いてありました。納得です。


塩麹の素、欲しいと思ったかたに!!
類似品が各メーカーから出ているようです。調べてみました!!!


《リンクを横に並べる方法があるようですがスキル不足の為これで・・勉強中ですっ!!》


今晩のおかずは、鶏の手羽中の、塩麹焼きです。

楽しみ~~!!!


↓ 【ランキング】&【拍手】 ポチッ と お願いします~!!

前回書いた、高知の珍しい食べ物♪1/3

続きまして、今日は、2/3 です



【碁石茶】 ごいしちゃ

これまでも、お土産屋さんで売られているのを何となく知りながらも、

<発酵→熟成させた日本では珍しいお茶>という認識だったので、

≪プーアール茶≫みたいなモンかな~!と勝手に判断して横目にスルーしてきました。

今回行った、高知駅近くの≪帯屋町≫おびやまち という商店街に、

碁石茶のブースが出ていて、試すことができました!!

_DSC3009.jpg


「碁石茶を知ってもらう為に安うにしちょりますきね~、まぁ飲んでみて」

っと、差し出されたお茶は茶色、やっぱりプーアール茶?!と思いながらゴクゴク・・


お味は・・・


飲んでビックリ、味のベースは、やはり中国茶系なのですが、

ほんのり・・でも確かに・・・  酸 っ ぱ ! !





宣伝パネルに書かれている碁石茶の製法によると、


無農薬で育てたお茶の葉を



蒸して(2時間)



寝かして(カビ付け/数日間) 



漬けて(乳酸発酵/数週間)



切って(3~4センチ角)



乾かして(数日間天日乾燥)



完成!!

とのこと。


この酸っぱさは、乳酸菌由来のようです。

ここでは化粧箱が潰れたなどの理由でアウトレットとなった碁石茶を

お安くGET!することができました。ラッキー!!

販売のお兄さんが<皆に知ってもらうため安くしている>と言っていたので、

高知ズキとしては、しっかり宣伝しなければ(笑)。

_DSC3027.jpg

≪名前の由来は、碁石のような茶葉の姿 ↓ から≫

碁石茶



お土産物屋さんでは、やや値が張ることもあってか、

お菓子やポン酢類におされてちょっと影の薄い碁石茶ですが、

日本で唯一、高知それも大豊町だけで作られているので、

これぞ 特 産 品 ! ! と呼ぶに相応しい逸品だと思いました。

手間を考えれば、お値段は納得。

自宅の目の前に大きな道路が通って排気ガスいっぱいの環境で暮らしている身としては、

このお茶で、大自然のパワーを取り込みたい!!っと頼もしく感じます。



後から調べたところ、プーアール茶には<コウジカビ>が使われているそうです。

塩麹・・の麹菌ですね。


原料(茶の木)は同じなのに、

菌と製法が変われば味も変わるっていうのが面白いですね。



また、碁石茶はメディアにも取り上げられて話題になっていたようです。

(わたしはあまりテレビを観ないので、知らなかった!)



碁石茶HPより

日テレ「世界一受けたい授業」で朝すっきり○○によいお茶として紹介されました。
毎年TVや雑誌で取り合えられてます
TVでは「ダウンタウンDX」「はなまるマーケット」・・・
雑誌では「健康雑誌わかさ」や「日経ヘルスプレミアム」・・・


お茶で植物性の乳酸菌が摂れるって、良いですよね♪

薬ではなく自然のものなので、家族や友人にも気軽に勧められます。

今度から、高知のお土産はコレにしよう~っと思いました♪♪

腸を整えると免疫バランスが整うので、便秘や花粉症にも効果が期待できそうです。


《楽天市場にて出店されていました!お得なサンプルがありました!!》


《お得なアウトレットも♪ご自宅用にお勧めです!!》
●HPでは、製造工程がムービーで見れます!納得の品質です☆
 高知県・大豊町の大自然を見てください♪


碁石茶を飲み出してから5日経ち、目の痒みは依然ひどいけど、

心なしか、花粉症のくしゃみが止まった・・・ような・・・???

毎日飲んでいます。

お読みいただき、ありがとうございました♪♪

参考になりましたら【拍手】をポチッとお願い致します!!


先日、高知県のおばあちゃん家に行ってきました!

小さい頃から高知が大好きで、何度となく遊びに行っています。


久しぶりに高知城へも行くことが出来ました!

大河ドラマ・龍馬伝、観ていたのでそれまでより感慨深く見てしまいました。

_DSC3000.jpg



高知では親しみのある【おばあちゃん家と言えばコレ】という

食べ物の中に、これって≪他県の人からしたら珍しいのでは?!≫と

思えるものが多々あることに気付きました。


沢山あるので、今回行った時に食べられた旬のものからご紹介します♪


【文旦】ぶんたん

文旦


和名はザボン。ボンタンとも呼ばれます。

色々な種類があるようですが、高知で育てられているのは

主に≪土佐文旦≫のようです。

ウィキより↓

ブンタンは自然交雑により色々な品種を生み出しており、

グレープフルーツ・ナツミカン・ハッサクなどはブンタンの血を

引いている。とのことです。

確かに、どれも通ずるほろ苦さがあります。面白いですね。



食べ方は、分厚~~い皮に包丁で切れ目を入れて剥いた後、

小房に分けて、薄皮を剥きます。

身がしっかりしているので、薄皮はペリペリペリ~っと剥がせます。

綺麗に剥けたら、結構気持ちが良い♪

果肉がしっかりしているので、噛むと、プチプチプチプチ~!!と

甘酸っぱ×ほんの~~り苦い味が口いっぱいに弾けてとっても美味しいです。


御遣い物のピッカピカの物は結構なお値段がしますが、

高知ではスーパーや農協の直売所で、自宅用の物がとってもお安く買えます♪

_DSC3014.jpg
≪破格っ!!≫


ぽんかん・いよかんなどは神奈川に住む私からするとお高いイメージなのですが、

高知はさすがかんきつ類の産地、どれも大袋で安ーく売っています。

農協の直売所では、袋に生産者の名前が書いてあります。

農協


おばあちゃんは、美味しかった人・不味かった人をしっかりとマークしており、

次回から気に入った生産者のものを買うようにしているようでした。

そして親戚なんかと

「〇〇さんのは美味しかった」「〇〇さんのはイマイチだった」

と情報交換したりして・・・ある意味とっても公正にお買い物ができます。



樹 又は 日当たりによるのかは分かりませんが、

同じ生産者でも、袋の中の物によって、

ジューシーだったり、たまに パサッとしていたり、食べるまで

分からないのも、また楽しいです。

追熟が可能で、4月中頃くらいまで食べられます♪

完熟したものは、溶けそうに甘く、格別です。

わたしは高知から、大きいのを5個ほど、頑張って担いで帰りました!

食べるのがとっても楽しみです。

いま、この記事を書く為に【楽天市場】を覘いてきました。

もう時期も終わり近いからか、叩き売り!みたいになっているサイトもあるようです。

とっても美味しいので、お勧めです♪


続きまして・・・




【のれそれ】

600-noresore01.jpg


「のれそれ」とは、高知県内ではアナゴ類の幼生の総称のことです。

ノレソレは生命力が強いので、漁獲されて直ぐ死んでしまった

イワシシラスの上で「のったり、それたり」して動いていることから、

「ノレソレ」となったという説があります。
(高知県庁HPより一部抜粋)

この時期だけのものなので、食べられてラッキーでした!

ポン酢でツルンっといただきます。スーパーで売っています。

高知空港でも、お土産用に冷凍になったものが売っていました。

お味は、小魚にあるような雑味はゼロです。

とにかくツルツルしていて、噛むにも噛めず、喉を通り過ぎて行ってしまいました。


スーパーで扱っている品物も関東と少しずつ違って、興味深いです。

加工品も地場のメーカーのものなど、パッケージがとっても可愛かったりして

思わず写真を撮ってしまいました。


_DSC3031.jpg
≪べいけん?≫

_DSC3030.jpg
≪妙に可愛いこんにゃくのパッケージ≫


まだまだ続くのですが、長ーくなるので、一旦ここまで♪

お付き合いいただき、ありがとうございました(^^)/
ブログ開設からひと月以上が経ち、アクセス数も 100 を超えました!

祝~!!!


ご覧頂きました皆様、ありがとうございました。

大変嬉しいです☆


(100のうち、およそ4~50は私アキキのアクセスだけどこれは ヒ ミ ツ)


お料理と布ナプキンの記事が混在しているので、

ブログを2つに分けることにしました!!

布ナプキンに特化したブログはこちらです☆


☆布ナプキン☆始めてみませんか~心身に優しいエコな暮らし~ 


布ナプに関するさらりとした話題はこちらのブログでもご紹介させて頂きたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします☆


≪布ナプキン・ライナーの型紙を販売しています≫ 【おうち時間】

布ナプ型紙ミニ

豚ロース 2枚 300g
塩麹 38.4g (カレースプーンに2杯程度でした)
(塩分1.6%目安)

この割合で漬け込んで冷蔵庫で1日・・・

今日は焼いて、食べてみました

お味は・・・(続きます☆)



                     
初心者さんでも簡単に作れるよう工夫した布ナプキンの型紙を販売しています。

こちら【おうち時間】(ショップ) をぜひご覧下さい。


 


焼く予定の2時間程前に冷蔵庫から出しておきました。
こうすることで、中まで熱が通りやすくなり、柔らかく焼き上げられます。
(真夏なら1時間前位かな)

フライパンに油を熱し、

表~ 焼き、

裏~ 焼き、、甘い香りが広がります!!

付け合わせとして、豆苗をフライパンの端に入れ、蓋をして、蒸し焼き。

今回はお肉の味を確かめたかったので、豆苗にだけ胡椒を振りました。


≪完 成≫
_DSC2917.jpg


お味は、



さささ最高っっつ!!

豚肉に塩麹の上品な旨みが加わって、

噛めば噛むほど味が出る!!ような・・(←ガムか!←お味の表現をもっと勉強します><)。

豚を焼いて塩!胡椒!のジューーシィな感じもとっても好きですが、
これのイメージをジャイアンとするならば、

この塩麹豚は、出来杉くん っという感じです。伝わりますかー!


何より、厚さ1cmはあったロース肉(特売)が、

焼いている時から感じていましたが、とっても柔らかいんです。

妙に高級感のあるお味でしたっっ!!


これは・・塩麹をまぶした状態で冷凍もできるし・・・・


かなりの役立ちメニューになりそうです♪♪


ああ今日は手を抜きたいあっそういえばアレがあるから冷凍庫から出しておこう♪イヒヒ。

という近い未来の私アキキのニヤリとほくそ笑む姿が目に浮かびます。



塩分は1.6%で、おかずとしてはちょうど良かったです。

1.4(薄味派)~1.8(酒の肴に)%くらいが許容範囲だと思います。

 ↑薄切り肉、厚切り肉などの条件で味の感じ方が少し前後するので、
 もし試される場合は様子を見ながら参考にしてください。


細かく刻んで炒飯に入れても美味しいと思います。


塩麹は冷蔵庫で半年は日持ちするそうなので、失敗疑惑麹・・・は全て塩麹にして、

鶏肉でも試してみたいです!!



お読みいただきありがとうございました☆




先日仕込んだ塩麹  が、コタツの熱のお陰で7日目にして、
《栗》のような《バナナ》のような、熟成の目安となる香りがしてきました!






ちょっと味見をしたところ、[ウマーッ!!]。
アゴがギュッとなるような、うま味がほとばしりました!!
塩辛い感じは全然無く、まろやかで、美味しいんです。

昨日、安売りにて買った、そろそろ使うか冷凍するかしないと・・という豚肉があるので
これを使って、塩麹漬け→焼きを作ってみます。
(こういった、賞味期限を延長できるレシピがわたしは大好きです☆)


≪作りかた≫

塩麹を食品用のポリ袋で計量(分量は後半に説明有り☆)



豚肉を入れ



できるだけまんべんなくまぶして



袋の空気を抜いて冷蔵庫へ (今!ココです)




塩麹の塩分が豚肉の水分を吸い上げて、少しゆるくなるので
寝る前に上下左右を返します



_DSC2915.jpg




1日冷蔵庫で、zzzz~



後は、焼くだけ~ 明日が待ち遠しいです☆
未知の味ながら、ネット上に美味しい~という声が沢山あったのでとっても楽しみです♪


下記は今回の分量です。

豚ロース 2枚 300g
塩麹 38.4g (カレースプーンに2杯程度でした)



≪計算の根拠≫

塩麹の塩分 12.5%

 →塩麹、仕込み時の分量
 ・塩 100g
 ・麹 200g
 ・水 500g
 100(塩g)÷800(塩麹総量g)×100(割合)=12.5%(←塩麹の塩分)


お肉300gを1.6%の塩味にしたい(300×1.6÷100=4.8)

→→お肉300gに対して4.8g相当の塩を塩麹で補いたい

4.8÷12.5×100=38.4(←今回使う塩麹の分量)


今回は初回なので、ちゃんと計算・計量をして仕込みました。

明日、実際に食べてみてから、お勧めの塩分を決めたいと思います☆

中学で習う塩分計算ですが、わたしは栄養士の養成学校出身なので、

おもてなしの時や、友人との持ち寄りパーティーなど、

作りなれていない分量の料理を作るとき、失敗できない時には

この計算で味付けを決めています。


1人分~100人分でも、

この計算を使えば同じ濃さの味付けができます☆



ブログにUPするレシピには責任が伴いますので、きちんと計算・計量をしてから

UPしていきたいと思います。

(適当でも上手くいくレシピは てきとー と掲示して、
 作り手さんのセンスにお任せするつもりです)

 ↑むしろこれが多くなりそうですが・・・・


お読みいただき、ありがとうございました^^/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。