【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッポンチーノをダダーッと作りました!
更にカバーもダダーッと作りました!!

裏面は、本体と同じ生成りキャンパス地を使用、
肌面は、たまたまあったnani-iroの生成りに白ドットWガーゼと
ピンクの花柄が可愛らしすぎて使い道に困っていたUSA輸入ダブルガーゼ の2種類を使用。

作り方は、以前の自分のブログ記事ですが・・
これと同じ方法で簡単に作れます→授乳クッションカバーづくり
出し入れ口の片面には生地の耳を使い更に楽に。

寝んねの赤ちゃんを寝かせて写真撮影をいっぱいするものなので、
背景となる上面の生地は可愛いものが良いですよね。
ベビー向きの可愛い生地ストックがあって良かったです。
裏面もWガーゼだと頼りない感じになるかと思ってキャンパス地を使いました。
良かったです。
昨日からこの上で寝ています。産気づくのを待ちながら・・・・・・・・落ち着かない日々です。
スポンサーサイト
出産間近にトッポンチーノという赤ちゃん用ミニ布団の存在を知ってしまいました。
トッポンチーノとは
出産間近すぎて、綿ワタの取り寄せがとても間に合いそうになく一旦ハンドメイドを見送ったのですが
やっぱり我慢できなくなって、キルト綿がポリならストックしてあったので、パパ~っと作ってみました。
1時間で出来ました。
ポリ綿ではフカフカし過ぎてて、赤ん坊が沈んで窒息の危険性があるので本来は向かないのですが
市販品を調べてみたところ、ポリ綿のものもあったので
かなり薄く作って、内袋内でズレないように&厚みを抑える為に10カ所、タコ糸で留めました。
100均の座布団かなっていうくらい薄いです。
これを出産まで座布団として使って、更に薄くするつもりです。
スリングの中敷きにも良いようで、ポリ綿で薄く軽く作れたのは良かったと思います。
もちろん、丸洗いもできます。
作り方ももう適当で、66×42cmの生成りキャンパス地を2枚用意。
(たまたまあった水通し済のストックですが、張りがありしっかりしていて最適だと思いました)
4ツ折りにして、角をポリバケツの蓋を使って丸く落とし、
長手1辺を返し口として残し、1cm内側をグルッと縫います。


カーブ部分に数カ所切り込みを入れて、表に返します。
キルト綿をクッション幅にカットする。
いつもの手芸ナカムラで2~300円だったもの。1袋全て使用。
2本と半分くらいの半端が取れた。
長さは長いまま、畳んで使用する。
重なる部分をずらして、薄い部分には余った半端を重ねるなどして全体がほぼ同じ厚さになるようにする。
ズレないように、糸調子を一番ゆるく、縫い目も一番長くして両脇を縫い留める。
(ミシンには絶対よくないので、気になる人は手縫いで留めたほうが良いです)

これを内袋に入れる。
下準備したキルト綿の角を内袋に合わせて落とそうかと思ったが、
元々軽い仕上がりになるスカスカなボリュームなので、そのまま詰めたら角まで詰まって良い感じになった。
返し口を閉じる。
(手縫いが嫌いなので、ミシンでダーッとやってしまいました)
タコ糸で10カ所留める。レザー用の太い針が活躍。
手芸糸などでも良いと思うが、カバーを薄い色目にする場合は透けるかもしれないので
目立たない色が良い。
丸洗いするときに干しやすいように、洗濯ばさみで留める場所をテープで付けました。
材料費500円くらいで、完成~!!大満足です。

お母さんの匂いを付けておくと赤ん坊が安心するとの事なので、
尻で潰したり、この上で寝てプレスしつつ匂い(臭い?)を付けてお産を待とうと思います。
手芸ナカムラさん、お世話になりまくっています。








キルトワタ
価格:216円(税込、送料別)













生成りテープ(ソフトタイプ)
価格:324円(税込、送料別)





第二子妊娠中で、一人目とは4歳差となります。
その間にベビーグッズの流行りが進化していたようで、、、
必要な物は一通り揃っているから~と出産準備は一人目グッズのメンテ(主に洗濯)程度で
ろくに調べものなどしていなかったのですが。

臨月に入り緊張と混乱がてらネットサーフィンをしていたら
≪トッポンチーノ≫
というクッションの存在を知りました。




これ、4年前には無かった(知られてなかった)と思うんです。

トッポンチーノとは→→トッポンチーノを手作り

イタリアの昔ながらの品のようです。
日本で言う座布団でしょうか。
でも赤ちゃん用なので楕円の横長形、赤ん坊が沈み込みすぎないように硬めの綿を使うなど
定義があるようです。
このブログは検索ワード≪授乳クッション カバー 作り方≫で来てくださる方がとても多いです。
ハンドメイドが好きな方は、このトッポンチーノにも挑戦されては如何でしょうか。
重宝すると思います。
私も作りたかったのですが、材料を取り寄せしてからでは産まれてしまいそうで、厳しいです。
気付くのが遅くなりすぎました。




前回、スタジオアリスでの七五三写真撮影を記事にしました→撮影→データ購入
私は写真の現像にいつもこちらのネットプリント屋さんを利用しています。
発送までびっくりするくらいスピーディ。
送料も100枚以上で無料になるし、それ以下の枚数だとしても100円、
速達を付けるとしても+100円でとても良心的です。
→→オレンジプリント
今回は速達を付けたのでより早く、深夜に注文→その当日に発送→翌日に到着でした。
今回はじじばばへの台紙用に6ツ切り写真も発注しました。6ツ切りまではポストで受け取れます。
待ち切れずこまめにポストを覗いていたのですが、午前中には届いていました。
台紙は予めネットショップで通販して準備バッチリで待っていました。








☆高級感があってとても良かったです☆




↑こちらは、ひぃおばあちゃん用に2L写真の小さめサイズ。
現像はこちらのネットプリント屋さん。
→→オレンジプリント2Lの現像は25円/枚と安く、丁度いいサイズ感で良かったです。
台紙・現像料で2,300円くらい。
じじばばには、6ツ切りサイズ。
2Lサイズが丁度よく思えたところだったので少し立派過ぎにも思えましたが^^;;
台紙・現像料で3,800円ですごく素敵に仕上がりました!!
先ず両面テープで枠に固定して、更に両面テープで台紙に固定するだけです。
何年、何十年も綺麗な状態をキープしたいものなので、100均でない両面テープを利用。

あとは、ダイソーで買っておいた写真キーホルダーのサイズに合わせてプリクラのように現像した写真を
ナイフで切り切りしてセット、110円くらいでキーホルダーができました。
アリスで購入するキーホルダーの半分くらいの大きさですが、キーホルダーとしては丁度いいサイズ。
ただ全身写真だと顔が小さくなり過ぎるのでギリギリまでトリミングしたのと、
片面が全身なら、もう片面はアップの写真、とメリハリを付けました。
あとじじばばが飼っている猫ちゃん・犬くんの写真に<運転気を付けてね>とメッセージを付けて
孫の写真との両面タイプも作ってみました。
アリスで購入するキーホルダーを下げている人を街中で度々見かけますが、
大きいものなので子自慢!孫自慢!みたいで抵抗があったのですが、
データを貰う為にとりあえずキーホルダーに仕上げるっていうのが定番なようで、
そういう大人の事情もあってのキーホルダーなのかなって思うと見る目が変わってきますね。
写真のカットには<オルファ別たち>という、レザークラフト用の革ナイフを使いました。
微調整も綺麗にできて便利でした。
写真は普通のツルツル仕上げのものを使ったので、ケースにピタッと付いたところが光ってしまい、
拘るなら絹仕上げにした方がいいかもしれないと思いました。
その辺はやはり、アリスで購入したものは完璧な仕上がりでした。




















自作キーホルダーのキットは100均以外にも色々あるようです。
ただ今、データを入れ込んでフォトブックも編集中、
→→マイブック

何度か利用していますが、やりたい操作がやりたいようにできる、とても使いやすいソフトで編集作業がとても楽しいんです。
DIYが大好きです\^^/
前回記事にしたブックオフの洋服詰め放題セールは、
ただ今第二子を妊娠中の為、マタニティズボン用のリメイク材料を探したく、行ってきました。
第一子・第二子とともに、妊娠中、あまり体重が増えなくて[もっと増やすように]と指導されるくらいなので
お腹はそれなりに大きくなりますが、お尻なんかは多分殆ど変わらないので、
市販のマタニティズボンでは背中~お尻がダボダボになり、腰パン状態になるので
自作ズボンがとっても重宝するのです。

作り方はこちらのブログを真似させていただきました!

普通のズボンをマタニティ用にリメイク★作り方★

元々お腹周りが少々きつかったようなズボンも、捨てようか迷うレベルの首元よれよれタートルと
合わせたりして、ニコイチ的に華麗な復活を遂げ、とても重宝しています。



ブックオフの詰め放題では、縫うところに金具や飾りポケットが付いているズボンばかり並んでいたので
私が使っているパワーの弱い家庭用ミシンでは縫えないと思い、
腰周りがシンプルなベルボトムのジーンズ1着のみ、リメイク用として詰め詰めしました。



→→こちらはお腹周りのカットソーを少々大きくしすぎたので、妊娠後期まではピンで留めて使います。
本当に重宝する作り方を載せてくださったライチさん、改めて感謝です☆
市販のマタニティズボンでも、この形があればいいのになぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。