【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知の珍しい食べ物 1/3・・2/3・・・に続きまして、今回は3/3です☆

農協の直売所には、地元のおかあさま・おばあさま達の手作り食品が色々並んでいます。

(わたしも色々作って、ここで売ってみたい!!)


まずは、

【割れ餅】です。

_DSC3018.jpg

ポリ袋に餅の生地が入ったかたまりのまま売られています。

その日の朝に搗いたものらしく、どれも柔らかいです♪

これは、もち米のお餅ベースに、≪割れ≫てしまったお米がギッシリと混ざっています。

よもぎをチョイスしました!!

購入後、固くならない内に1cmほどの厚さに切っておきます。

切り口には、お米の断面がギッシリ!!

これを焼いてお醤油で食べるのが子どものころから大好きでしたー!

勿論、もち米100パーのお餅も好きですが、

この割れ餅はお米が沢山入っているので軽くて、沢山食べられます♪

わたしは、食べ物アレルギーは幸い全く無いのですが、

アレルギー体質であることには変わりないので、

重たいお餅を食べ過ぎると心なしか、体調が悪くなるんです。

(アトピー体質の人は、もち米や、コシヒカリなどのモチモチ系品種の

 お米は避けたほうが良いそうです)

なので、サクサクとした歯ざわりも、気分的にも、このお餅をリスペクトしています。


次に~

【まんじゅう各種】

_DSC3020.jpg

黒糖まんじゅうをチョイス!!

これも手作りのおまんじゅうです♪

市販のもののように、やわやわ・・ほわほわ・・ではありません!!

ドカンっと、存在感のある皮・・・食べ応えがあり、香りがいいです。

餡にも黒糖が使われており、甘すぎず、朝ごはんにもなりそうな感じです。

饅頭の裏には、敷き紙ではなくて・・・・

_DSC3026.jpg

椿の葉が使われています!!

ん~~エコ&ノンケミカルで安心~~ッ!!!

その美味しさとセンス(というか昔からの知恵なのでしょうけど
とっても新鮮)にノックアウトでした><!!!。


そして・・・

_DSC3012.jpg

さすがご当地!生姜も安いヨ♪


_DSC3013.jpg

ブランド卵の土佐ジロー! 放し飼い・・有精卵!!温めてみる??


っと、楽しすぎてハイになってきたところで・・・・・


ぬ?


_DSC3011.jpg


ぬぬぬ???



たぬき



た っ たぬきの油ーー???















 


(実は数年前から売れ残ってる気がする)



恐るべし 奥深き アメージング高知



また行くヨ!!!


_DSC3034.jpg

≪道の駅南国 風良里(ふらり)で食べたランチ≫
ふわふわハンバーグに軽めのクリームソースの塩梅が最高~!上手!!
付け合せのお野菜が新鮮・タップリ・ポン酢で、わたしの好みにホームランヒットでした!!


お付き合いいただき、ありがとうございました♪♪

高知、行ってみたいな~ と思ったら、ポチ ↓ お願いします\^^/
スポンサーサイト
前回書いた、高知の珍しい食べ物♪1/3

続きまして、今日は、2/3 です



【碁石茶】 ごいしちゃ

これまでも、お土産屋さんで売られているのを何となく知りながらも、

<発酵→熟成させた日本では珍しいお茶>という認識だったので、

≪プーアール茶≫みたいなモンかな~!と勝手に判断して横目にスルーしてきました。

今回行った、高知駅近くの≪帯屋町≫おびやまち という商店街に、

碁石茶のブースが出ていて、試すことができました!!

_DSC3009.jpg


「碁石茶を知ってもらう為に安うにしちょりますきね~、まぁ飲んでみて」

っと、差し出されたお茶は茶色、やっぱりプーアール茶?!と思いながらゴクゴク・・


お味は・・・


飲んでビックリ、味のベースは、やはり中国茶系なのですが、

ほんのり・・でも確かに・・・  酸 っ ぱ ! !





宣伝パネルに書かれている碁石茶の製法によると、


無農薬で育てたお茶の葉を



蒸して(2時間)



寝かして(カビ付け/数日間) 



漬けて(乳酸発酵/数週間)



切って(3~4センチ角)



乾かして(数日間天日乾燥)



完成!!

とのこと。


この酸っぱさは、乳酸菌由来のようです。

ここでは化粧箱が潰れたなどの理由でアウトレットとなった碁石茶を

お安くGET!することができました。ラッキー!!

販売のお兄さんが<皆に知ってもらうため安くしている>と言っていたので、

高知ズキとしては、しっかり宣伝しなければ(笑)。

_DSC3027.jpg

≪名前の由来は、碁石のような茶葉の姿 ↓ から≫

碁石茶



お土産物屋さんでは、やや値が張ることもあってか、

お菓子やポン酢類におされてちょっと影の薄い碁石茶ですが、

日本で唯一、高知それも大豊町だけで作られているので、

これぞ 特 産 品 ! ! と呼ぶに相応しい逸品だと思いました。

手間を考えれば、お値段は納得。

自宅の目の前に大きな道路が通って排気ガスいっぱいの環境で暮らしている身としては、

このお茶で、大自然のパワーを取り込みたい!!っと頼もしく感じます。



後から調べたところ、プーアール茶には<コウジカビ>が使われているそうです。

塩麹・・の麹菌ですね。


原料(茶の木)は同じなのに、

菌と製法が変われば味も変わるっていうのが面白いですね。



また、碁石茶はメディアにも取り上げられて話題になっていたようです。

(わたしはあまりテレビを観ないので、知らなかった!)



碁石茶HPより

日テレ「世界一受けたい授業」で朝すっきり○○によいお茶として紹介されました。
毎年TVや雑誌で取り合えられてます
TVでは「ダウンタウンDX」「はなまるマーケット」・・・
雑誌では「健康雑誌わかさ」や「日経ヘルスプレミアム」・・・


お茶で植物性の乳酸菌が摂れるって、良いですよね♪

薬ではなく自然のものなので、家族や友人にも気軽に勧められます。

今度から、高知のお土産はコレにしよう~っと思いました♪♪

腸を整えると免疫バランスが整うので、便秘や花粉症にも効果が期待できそうです。


《楽天市場にて出店されていました!お得なサンプルがありました!!》


《お得なアウトレットも♪ご自宅用にお勧めです!!》
●HPでは、製造工程がムービーで見れます!納得の品質です☆
 高知県・大豊町の大自然を見てください♪


碁石茶を飲み出してから5日経ち、目の痒みは依然ひどいけど、

心なしか、花粉症のくしゃみが止まった・・・ような・・・???

毎日飲んでいます。

お読みいただき、ありがとうございました♪♪

参考になりましたら【拍手】をポチッとお願い致します!!


先日、高知県のおばあちゃん家に行ってきました!

小さい頃から高知が大好きで、何度となく遊びに行っています。


久しぶりに高知城へも行くことが出来ました!

大河ドラマ・龍馬伝、観ていたのでそれまでより感慨深く見てしまいました。

_DSC3000.jpg



高知では親しみのある【おばあちゃん家と言えばコレ】という

食べ物の中に、これって≪他県の人からしたら珍しいのでは?!≫と

思えるものが多々あることに気付きました。


沢山あるので、今回行った時に食べられた旬のものからご紹介します♪


【文旦】ぶんたん

文旦


和名はザボン。ボンタンとも呼ばれます。

色々な種類があるようですが、高知で育てられているのは

主に≪土佐文旦≫のようです。

ウィキより↓

ブンタンは自然交雑により色々な品種を生み出しており、

グレープフルーツ・ナツミカン・ハッサクなどはブンタンの血を

引いている。とのことです。

確かに、どれも通ずるほろ苦さがあります。面白いですね。



食べ方は、分厚~~い皮に包丁で切れ目を入れて剥いた後、

小房に分けて、薄皮を剥きます。

身がしっかりしているので、薄皮はペリペリペリ~っと剥がせます。

綺麗に剥けたら、結構気持ちが良い♪

果肉がしっかりしているので、噛むと、プチプチプチプチ~!!と

甘酸っぱ×ほんの~~り苦い味が口いっぱいに弾けてとっても美味しいです。


御遣い物のピッカピカの物は結構なお値段がしますが、

高知ではスーパーや農協の直売所で、自宅用の物がとってもお安く買えます♪

_DSC3014.jpg
≪破格っ!!≫


ぽんかん・いよかんなどは神奈川に住む私からするとお高いイメージなのですが、

高知はさすがかんきつ類の産地、どれも大袋で安ーく売っています。

農協の直売所では、袋に生産者の名前が書いてあります。

農協


おばあちゃんは、美味しかった人・不味かった人をしっかりとマークしており、

次回から気に入った生産者のものを買うようにしているようでした。

そして親戚なんかと

「〇〇さんのは美味しかった」「〇〇さんのはイマイチだった」

と情報交換したりして・・・ある意味とっても公正にお買い物ができます。



樹 又は 日当たりによるのかは分かりませんが、

同じ生産者でも、袋の中の物によって、

ジューシーだったり、たまに パサッとしていたり、食べるまで

分からないのも、また楽しいです。

追熟が可能で、4月中頃くらいまで食べられます♪

完熟したものは、溶けそうに甘く、格別です。

わたしは高知から、大きいのを5個ほど、頑張って担いで帰りました!

食べるのがとっても楽しみです。

いま、この記事を書く為に【楽天市場】を覘いてきました。

もう時期も終わり近いからか、叩き売り!みたいになっているサイトもあるようです。

とっても美味しいので、お勧めです♪


続きまして・・・




【のれそれ】

600-noresore01.jpg


「のれそれ」とは、高知県内ではアナゴ類の幼生の総称のことです。

ノレソレは生命力が強いので、漁獲されて直ぐ死んでしまった

イワシシラスの上で「のったり、それたり」して動いていることから、

「ノレソレ」となったという説があります。
(高知県庁HPより一部抜粋)

この時期だけのものなので、食べられてラッキーでした!

ポン酢でツルンっといただきます。スーパーで売っています。

高知空港でも、お土産用に冷凍になったものが売っていました。

お味は、小魚にあるような雑味はゼロです。

とにかくツルツルしていて、噛むにも噛めず、喉を通り過ぎて行ってしまいました。


スーパーで扱っている品物も関東と少しずつ違って、興味深いです。

加工品も地場のメーカーのものなど、パッケージがとっても可愛かったりして

思わず写真を撮ってしまいました。


_DSC3031.jpg
≪べいけん?≫

_DSC3030.jpg
≪妙に可愛いこんにゃくのパッケージ≫


まだまだ続くのですが、長ーくなるので、一旦ここまで♪

お付き合いいただき、ありがとうございました(^^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。