【おうちDIYとマメ子】発酵&菌のチカラ、布ナプキン・布オムツ、自然食を取り入れた生活☆DIY大好き☆とりあえずやってみる☆

最近:廃油石鹸づくり、トッポンチーノ、もっこふんどし、布ナプキン、EM菌、米麹から仕込む手前味噌、発酵キャベツ、ケフィアチーズ等を記事にしています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■材料
豆腐
キャベツ
ミニトマト
干し椎茸
ソーセージ
手前味噌

豆腐はよく3パック1組で売っているミニタイプを使用。

夫との2人分で丁度いいサイズ。

朝は本当に時間に余裕が無いので、スプーンですくってジャーに入れます。

(↑豆腐花のイメージです^^;)

キャベツ、ミニトマトも投入。

熱湯を注ぎ、3分ほど待ち予熱する。

湯を捨て、ソーセージ、干し椎茸を、味噌を入れ、再度熱湯を注ぐ。

完成!!

具材から色んな出汁が出て、手前味噌と相まって最高に美味しかった&

野菜不足が少し解消できて良かった。

鰹節は時間が無くて入れなかったけど、

干し椎茸・ソーセージは勿論、ミニトマト・キャベツからも旨味が沢山出て、充分でした。


以前の事ですが鰹節は入れたら生臭みも出る気がしたので

余程具材がアッサリしている時以外は入れないでおこうかと思いました。


■反省点

具材をギュウギュウに詰めすぎた為スープが無くなると思って

[湯をここまで注ぐ]の出っ張りより少し多く入れてしまったところ、

漏れたT_T。

蓋をしてから横に倒して、漏れない事を確かめていたのに。。

薄々予感があったので、念のためビニール袋に入れておいて良かったです。


ソーセージはまとめて切って冷凍していたものを

そのまま入れてしまったので、案の定ですがぬるかった!涙。

前日に冷蔵庫に移しておけばよかった。


あと夫の方のみだけど、干し椎茸を一番上に入れたのに

湯が足りなかったようで、戻りきっていなかったとの事@_@!

具が多くて頭が出そうな時に干し椎茸を入れるなら、

一番上は避けたほうがいいと思いました。

ちゃんと戻っている事が大前提ですが、乾燥のまま入れる干し椎茸は

味が抜けきらず、旨味がジュッとなり本当に美味しいです。
スポンサーサイト


■ 材料

・かぼちゃ
・えのき
・ミニトマト
・ソーセージ
・醤油

感想→かぼちゃがギリギリ固めだったが、えのき・ミニトマト・ソーセージの

旨味と醤油の相性が良くて美味しかった。

この調理法のかぼちゃはそこまで好きではないが、

重さがあるので緑黄色野菜の摂取量が稼げるのが◎。

■ 詳細


(妻・夫の分で2人分)

前日の夜に材料をカットして準備。

当日の朝、ジャーにソーセージ以外の具材・熱湯を入れ、予熱。

更に、かぼちゃが柔らかくなるか心配だったので、予熱2回。

ソーセージを予熱に入れてしまうと味が抜けてしまうので、予熱には入れない。

※ただソーセージの分、温度は下がってしまう。


ソーセージ・ベーコンなどの加工肉は添加物が気になるので、

茹でただけをドーーーンみたいなメインのおかずにはしませんが、

スープの出汁には重宝します。

あると食べてしまうので食べ過ぎにならないように、

量り売りのお肉屋さんで「3本ください」

みたいな買い方をしています(ソーセージ系は結構高いし!)。

薄く切りすぎたようで、味が抜けてしまっていました^^;。

(その分スープに旨味が出てると思えばいいか)



冷蔵庫の余り野菜のキャベツ・もやし、かつお節、手前味噌です。

キャベツともやしをジャーに入れ、熱湯を注ぎ、蓋をして数分予熱。
お湯を捨て、かつお節・手前味噌を入れ新しい熱湯を注ぎ蓋をして完成!

もやしは意外に火が通りづらいようで、かなりのシャキシャキ感。
キャベツは火が通りやすいようで、くたくた。

かつお節は好みによりますが、入れすぎず隠し風味くらいがちょうどいいかと思いました。

おかずの豆鯵南蛮漬けとの相性もグーーー。

手前味噌パワーで午後の仕事もバッチリ頑張れました( ´ ▽ ` )ノ
数年前から大ヒットしているスープジャーを、遅ればせながら購入しました。


サーモスのタンブラーを3個持っており、保温性が抜群なのをよーーく知っているので

迷わずサーモス製をチョイス。

サーモスは内側がステンレスなのですが、他メーカーのものは内側がプラスチックだったりして。

熱々のものを毎回入れるので、(害は無いとは言われているものの)ちょっと気が進みませんでした。

サーモスも内蓋はプラなんですけどね。


スープジャーを購入し、汁物を持参できるようになってから、

お弁当の満足度がメチャクチャUP!!


すぐに夫の分も購入して、2人分作るようにしました。

夫も大変気に入って、昼食時には「今日のスープの組み合わせ最高だね」

みたいなメールをやりとりしています。

夫の職場でも、スープジャー気になってたんです~という人が数人居たようで

勧めまくってきたそうです。


前日作ったお味噌汁・スープ・麻婆豆腐・シチューなどを入れる、これはスタンダードな使い方。

これだけでも充分便利なのですが、


前からやってみたかったのが、保温調理器として、調理しつつ持ち運ぶ方法。

生の野菜などを熱湯・調味料とともに入れておいて

通勤・AMの仕事をしている間に保温調理・・・!!


スープジャーは中身も入ると正直重ためですが、えんやこら運んでいる間にも

調理してくれてると思うととっても可愛らしく思えてきて、苦になりません。




残り物を入れるのとは違って1食分だけのお味なので、

ずっと同じものを食べ続けなくていいのも、想像以上に嬉しいものでした。


コツは容器・野菜を余熱で温めておく為に、下準備として

ジャーに材料の生の野菜と熱湯を入れて数分置いておくこと。

それでも、スープは昼には(作ってから5時間後くらい)ほんのり熱いくらいの適温に冷めています。

タンブラーの保温力より随分冷めてしまうのだなーーとは思うのですが、

同じようにはいかない理由が何かあるのでしょうね。


自分用に270ml、夫用に380mlを購入してて、

長距離ドライブの時に入れていたお味噌汁を飲み比べたのですが

大きいほうが保温性がより高いと思いました。

でも380mlは私には量が多すぎるので(夫には丁度良いらしい)

320mlくらいのものを熱望☆





保温調理がこんなに便利とは・・・・・・


大鍋をそのまま保温できるサーモスのシャトルシェフ。

こちらも10年くらい欲しいと思っては思い留まってきたのですが、いよいよ購入したい。

沸騰させてセットしておいて、煮えるの待たずに寝れるって、素晴しいですよね。

買っちゃおうか。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。